Pythonの比較演算子inとnot inの書き方【初心者向け】

初心者向けにPythonの比較演算子inとnot inの書き方について解説しています。文字列や配列に特定の値が含まれているかどうかを判定するには、in演算子やnot in演算子を使います。出力結果は、真偽値です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonの比較演算子「in」と「not in」の書き方について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

比較演算子「in」と「not in」の書き方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

比較演算子「in」と「not in」とは?

inは、ある要素が集合に含まれるかどうか判定する演算子です。一方、not inは、ある要素が集合に含まれないかどうか判定します。

in、not inは、

  • リスト
  • 文字列
  • 辞書

など、さまざまなデータ型に適用できます。

 

演算子「in」の書き方

演算子inの書き方は以下です。
要素が集合に含まれる場合True、含まれない場合Falseになります。

 

<要素> in <集合>

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

演算子not inの書き方

演算子not inの書き方は以下の通りです。
inの逆で、要素が集合に含まれない場合True、含まれる場合Falseになります。
 

<要素> not in <集合>
not (<要素> in <集合>) # 等価

 

実際に書いてみよう

サンプルコード

xs = [0, 1, 2]
print(1 in xs)
print(1 not in xs)

s = 'abc'
print('b' in s)
print('b' not in s)

 

実行結果

True
False
True
False
 

解説

数値のリスト「xs」を作成しました。数値1はxsに含まれているため、in演算子による判定結果はTrueです。not inはその逆なのでFalseになりました。

次に、文字列「s」を作成しました。文字’b’は「s」に含まれているため、in演算子による判定結果はTrueです。not inはその逆なのでFalseになりました。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。