【できるビジネスマンの思考】PDCAサイクルとは?成果を出す仕事の進め方

ビジネスの現場において必ず出てくる言葉が「PDCAサイクル」です。目標達成に向けて、日ごろの業務を見直して改善するのに効果的な手法です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事をしていたら必ず1度は聞いたことがあるであろう、PDCAサイクルという言葉。

実際にこれをうまく回せている人は仕事を効率的に終わらせ定時で帰りながらも、結果も出すので出世にもつながっています。

今回はできるビジネスマン必須のすきるPDCAサイクルについて、具体例を交えて解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

PDCAサイクルとは


PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Action(改善)」を回すことで、継続的に業務改善を行う手法です。もともとは生産や製造などの品質管理の現場で実践されていましたが、その後はプロジェクトマネジメントの手法として広くビジネスに導入されています。

 

PDCAサイクルの目的

PDCAサイクルの目的は、業務の問題点を発見して、その問題点を効率化や改善して成果につなげることにあります。成果につなげるには目標がはっきりとしていなければなりません。PDCAサイクルを回していく上で1番大切なことは、目標と目的を明確にすることです。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

PDCAサイクルを構成する4つの段階

PDCAサイクルをうまく回していくには、P・D・C・Aのそれぞれ4つの段階で意識しなければならないことや行わなければならないことを理解しておく必要があります。

Plan(計画)

Plan(計画)では、しっかりと目標を設定し、その目標を達成するためには何をすべきか考えて計画を立てます。PDCAサイクルで最も重要な項目なので、5W1Hに沿って誰が・何を・いつまでに・どのようになどより具体的に計画に落とし込みます。

Do(実行)

Do(実行)では、Plan(計画)で立てた計画を実際にやってみます。ここで重要なのは、後で評価や分析ができるように実行した内容を詳細に記録に残すことです。

Check(評価)

Check(評価)では、計画に沿って実行することができたか、目標を達成することができたかなど評価します。その評価から良かった点と悪かった点、それぞれ客観的な視点で分析することが重要です。

Action(改善)

Action(改善)では、評価で見えた課題の解決策を検討して、業務の改善を行います。PDCAサイクルで重要なのは、サイクルを回して継続することなので、次のPlan(計画)を意識して考えることが大切になります。

 

まとめ

PDCAサイクルで、重要なことは目標や目的を明確にすることと、サイクルを継続的に何度も回すことです。
その都度、仕事に対する評価を行い良かった点は続ける、悪かった点はどこを改善するかや、時には中止するなどの判断をすることにあります。そして改善すべき点を次のPlan(計画)に落とし込むことが大切です。

PDCAサイクルは、業務の効率化や改善だけでなくに日常の生活の中でも活用できます。PDCAサイクルを意識して、できるビジネスマンを目指してください。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。