Rubyのany?メソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのany?メソッドの使い方について解説しています。any?メソッドは、複数の値をチェックしてtrueかfalseの真偽値を返します。ブロックで条件を指定しない場合は、値そのものが真偽かどうか判定されます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Rubyのany?メソッドの使い方について解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

any?メソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

any?メソッドとは

any?メソッドとは、どれか1つでも条件を満たすのであればtrue、すべて条件を満たさないのであればfalseを返すメソッドです。

any?の使い方

any?メソッドには2つの使い方があります。

1つめはブロックを渡して、ブロック内の条件を満たすか確認する使い方です。複数の数値のうち、どれか1つでも10以上の数値があるか、などの判定に使うことができます。

2つめはブロックを省略して、要素そのものを判定する使い方です。複数の真偽判定値を配列にまとめて、条件を満たすものがあるかどうか、などの判定に使うことができます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ブロックを渡す

以下の例は、要素の中に偶数があるかどうかをany?メソッドで調べています。

irb(main):001:0> [1, 3, 5, 7].any? {|n| n.even?}  # すべて奇数のためfalse
=> false
irb(main):002:0> [1, 3, 5, 6].any? {|n| n.even?}  # 偶数6が含まれるためtrue
=> true

 

ブロックを省略

以下の例は、要素の中に条件を満たすものがあるかどうかをany?メソッドで調べています。

 

irb(main):003:0> [false, false, false].any?  # すべてfalseなのでfalse
=> false
irb(main):004:0> [false, true, false].any?  # trueが含まれるのでtrue
=> true

 

ブロックを省略した場合の「条件を満たす」の基準はnilやfalseでないことです。ですので、整数値0や、文字列catが含まれる場合はtrueが返ります。

 

irb(main):005:0> [nil, false, nil].any?  # nil, falseのみなのでfalse
=> false
irb(main):006:0> [nil, false, 0].any?  # 整数値0が含まれるのでtrue
=> true
irb(main):007:0> [nil, false, "cat"].any?  # 文字列catが含まれるのでtrue
=> true

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript、Node.js
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。