RubyのStruct(構造体クラス)の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのStruct(構造体クラス)の使い方を現役エンジニアが解説しています。Rubyではハッシュ(連想配列)が良く使われますが、Struct(構造体)もあります。ハッシュは後から追加したり、存在しない値を参照出来ますが、Structは出来ません。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyのStruct(構造体クラス)の使い方について解説します。Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Struct(構造体クラス)の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Struct(構造体クラス)とは

Structとは、いくつのデータをひとまとめにした型です。ClassやHashで同じように、データをひとまとめにして扱うことができますが、Structは、継承やミックスインがなく、また後からパラメータを追加できないといった違いがあります。

そのため、ちょっとしたデータを扱いたいがクラスを使うほどではない場合や、後からパラメータを追加したくない場合などに使用します。

 

Struct(構造体クラス)の使い方

構造体クラスは、Struct.newを使ってstructを生成します。

newの際に :sampleというようにシンボルを渡すことでstructの持つパラメータを決めることができます。

また生成された個々のstructは、structのメンバに対するアクセスメソッドを持っているので、.パラメータ名 と書くことでstructの値にアクセスできます。

# Structを生成
pet = Struct.new(:name,:age)
# dog に ポチと7というパラメータを持たせる
dog = pet.new("ポチ",7)
# .nameでメンバにアクセスする
puts dog.name
# => ポチ

クラスと同じように、メソッドを追加することもできます。Struct.newする際に、以下のようにしてメソッドを追加できます。

 

human = Struct.new(:name,:age) do
    # 名前を出力するメソッドを追加
    def say_name
        puts name
    end
end
# manにsample,20というメンバを持たせる
man = human.new("sample",20)
# メソッド say_name で名前を出力
man.say_name
# => sample

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。

今回は、recordというStructを生成して、結果を出力するメソッド・平均を出すメソッドを追加してみましょう。

以下のようにコーディングしてみてください。

# Structを生成
record = Struct.new(:english,:math,:history) do
    # resultメソッド
    # 各科目の成績を出力する
    def result
        printf "English: %s Math: %s History: %s\n",english,math,history
    end

    # meanメソッド
    # 3科目の平均を得る
    def mean
        (english + math + history) / 3.0
    end
end

# 以下のようにメンバの値を入れる
student1 = record.new(70,80,90)
student2 = record.new(40,80,60)

# resultメソッドの出力
student1.result
student2.result

# meanメソッドの出力
puts student1.mean
puts student2.mean

実行結果は以下の通りです。

English: 70 Math: 80 History: 90
English: 40 Math: 80 History: 60
80.0
60.0

以上で解説を終わります。
使う機会は少ないですが、GoやC言語など他の言語で重要になる要素なので使い方をマスターしてみましょう。

 

筆者プロフィール

メンター金成さん

フリーランスエンジニア。
Railsの案件を中心に、様々なアプリケーションを開発してます。

使える言語は、ruby python go 。最近はgoにハマってます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。