できるビジネスマンは手帳の使い方が違う!具体的な活用法を紹介

手帳はビジネスマンにとって欠かせないツールでしょう。スケジュール管理や日々のメモだけでなく、目標や目的などの管理、振り返りなどにも有効です。今回は手帳選びのポイントや使い方、おすすめの手帳などを紹介します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

みなさんはビジネス手帳を使っていますか?最近ではスマフォに完全移行したという人も多いでしょう。

しかし、実際に私たちは幼い頃から何かを考えを書き出す時はペンを使っていました。その習性が残っているので、なにか記憶したい時や決意したときは手帳などに自ら書き込むのが効果的です。

今回はおススメの手帳や実際の使い方を、具体例を交え解説していきます。

 

ビジネス手帳の選び方


手帳買い替えの季節になると、お店にはたくさんの手帳が並びます。どんな基準でどの手帳を選ぶべきか悩む方も多いでしょう。今回は3つのポイントを解説します。

 

仕事で使うならデイリーの枠が大きいものを

1日のスケジュールや訪問先、商談内容などを書き込めるよう、デイリーのスペースが大きなものがおすすめです。

 

持ち運びに不便ではないものを

手帳は外出先や社内での移動時など、常に持ち運ぶものです。あまりに大きいと不便なので、持ち運びしやすいサイズのものを選びましょう。

 

目標や目的管理ができるフリースペースがあるものを

目標を一目で分かるよう管理したり、振り返って改善策を書き留めたりするために、フリースペースが多めのものを選ぶと良いでしょう。

 

ビジネス手帳の使い方


手帳は使いこなして初めて意味があるものです。ここではおすすめの使い方を3つ紹介します。

 

スケジュールの計画を書き込む

単に予定を書き込むだけでなく、自分の行動やタスクを「計画」として書き込み、1日を終えたときに計画通り進んでいるかの振り返りを行うとよいでしょう。

なぜ計画通りいかなかったのか、どうすれば計画通りに進むのかなど、改善を考えるきっかけにもなります。

 

目標を書き込む

手帳は毎日目を通すものです。仕事上の目標などを書き留めておくと、振り返りやすいでしょう。

例えば「上期 売上120%達成」「残業時間を月10時間以内にする」といったものです。

 

付箋やシールを活用する

書き込む内容が多いと、ペンのみで手帳を書き込んでいくのにも限界があり、分かりにくくなってしまいます。

そこで付箋やシールを活用して分かりやすく整理したり、重要な個所を目立つように装飾したりするとよいでしょう。

 

[PR] Webデザインで副業する学習方法を動画で公開中

おすすめのビジネス手帳

最後に、使いやすいおすすめの手帳を紹介します。

 

高橋書店の『torinco』シリーズ

https://www.takahashishoten.co.jp/notebook/torinco/
手帳といえば『高橋書店』ですが、その中でも『torinco』シリーズは使いやすさはそのままに、女性らしいデザインが特徴的です。ラインナップもかなり豊富なので、お気に入りの一冊を選んでみてください。

 

糸井重里監修の『ほぼ日手帳』

https://www.1101.com/store/techo/
『ほぼ日手帳』の特徴は、1日1ページの手帳スタイル。記入スペースが広いため、その日の出来事や目標などを詳細に書き込むことができます。カバーも自分で選べるため、気分によってデザインを変えられるのも嬉しいポイントです。

 

まとめ

手帳をどう活用するかは自分次第です。せっかく毎日持ち歩いているのに単にスケジュールを書き留めておくだけでは宝の持ち腐れなので、目標管理や行動の振り返り、改善策の検討など、幅広い用途で活用してみましょう。手帳の使い方は十人十色なので、使い込んでいくうちに自分なりの使い方が見えてくるはずです。

一流のビジネスマンは、みんな手帳を使いこなしています。手帳だけをテーマにした書籍も出版されているほどなので、たかが手帳と侮ることなく、ぜひ使いこなせるようになりましょう。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する