JavaScriptで文字列をbase64エンコードする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで文字列をbase64エンコードする方法について現役エンジニアが解説しています。エンコードとは別の文字列に変えることです。URL円コードや文字コードエンコード、base64エンコードなどがあります。base64とは64文字をベースにして変換するエンコード方式になります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptで文字列をbase64エンコードする方法について解説します。

実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaSriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptで文字列をbase64エンコードする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

base64エンコードとは

base64とは、64進数を意味する言葉で、すべてのデータを大文字・小文字英字(a~z, A~z)と数字(0~9)、一部の特殊記号(+,/)の64文字で表すエンコード方式です。

ですが、データ長を調整するために末尾に=を使用するため正確に言えば64~65文字で表します。
 

base64エンコードの必要性

base64エンコードは、元々はメール送受信の際に画像や音声などをやり取りしたい場合に用いられていたエンコード方式です。

上記だけを見るとWEBサイト作成時には関係ないように思えます。

しかし、「画像や音声を文字列として扱う」という部分にWEBサイトでbase64エンコードを行うメリットがあります。

HTML・CSS・JavaScript内に外部ファイルデータを直接埋め込む手法、Data URI (データURIスキーム)を用いる際に、base64エンコードを行った状態でファイルを埋め込むと、外部ファイルへのアクセス数を減らせます。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

文字列のエンコード・デコード

エンコード

JavaScriptにはbase64エンコードを行うための専用メソッド btoa があります。
 

var encoded = window.btoa("base64, encode");

console.log(encoded);

// "YmFzZTY0LCBlbmNvZGU="

デコード

base64文字列をもとの読める状態に再変換することを「デコード」といいます。

JavaScriptでは atob メソッドを使用します。
 

var encoded = window.btoa("base64, encode");
var decoded = window.atob(encoded);

console.log(decoded);

// "base64, encode"

 

Ajax通信などでURLに直接パラメータを付与したい場合などにも文字列をbase64エンコードして渡し、通信先の処理でデコードを行うとパラメータ数を削減できることがあります。

 

筆者プロフィール

この記事を監修してくれた方

水野大輝(みずのたいき)
2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社。

未経験ながら、社内システム保守~新規受注システム開発まで携わり、JavaScript Ruby on Rails PostgreSQLなどの経験を積む。
現在も、開発案件に携わりながら、日々勉強中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

また、TechAcademyではJavaScriptを使ってWebサービスを公開できるオンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)を開催しています。

プログラミングの初心者でも受講可能です。Webサイトの表現の幅を広げたいという方はぜひご覧ください。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。