JavaScriptでキャッシュを操作する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptでキャッシュを操作する方法について現役エンジニアが解説しています。Webページを読み込むと負荷軽減のためにCSSやJavaScriptファイルなどがキャッシュされることがあります。キャッシュされないようにするには、ファイル名に対してランダムな数値などの値をGETとして付け加えます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaScriptでキャッシュを操作する方法について解説します。

実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaSriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptでキャッシュを操作する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

キャッシュとは

1つのWebページは多くのファイルで構成されています。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • 画像、動画、音声などのコンテンツ

ファイルの読み込みには時間がかかります。そこで、一度読み込んだファイルを保存しておき、Webページを再表示した際に利用するのがキャッシュ機能です。

ブラウザがChromeであれば、デベロッパーツールのNetworkタブで、Webページがどのようなファイルで構成されているか、どのファイルでキャッシュが使われているか確認することができます。

以下は、その一例です。Statusが「304」のファイルがキャッシュから読み込まれているものです。キャッシュを使用していないファイルはStatusが「200」となります。

 

 

JavaScriptでキャッシュを操作する方法

キャッシュは、Webページの表示の高速化には役に立ちますが、ときどき「ファイルを更新したが、その内容がブラウザに反映されない」という問題が発生します。この問題を解決するにはいくつかの方法があります。

 

ブラウザのキャッシュ無効化設定を行う

ブラウザ側でキャッシュを使わない設定を行う方法です。主にプログラム開発者が、キャッシュによる動作不安定化をさけるために用います。

ブラウザがChromeであれば、デベロッパーツールのNetworkタブで「Disable cache」にチェックを付けるとキャッシュが無効化されます。

 

HTMLの meta タグに設定を行う

HTMLのmetaタグに以下の記述を行います。ただしこの場合でもJavaScriptファイルの読み込みにはキャッシュが使われてしまう場合があります。

 

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<meta http-equiv="Expires" content="0">

 

 

scriptのsrc属性に毎回変わる値を設定する

scriptのsrc属性に毎回変わる値を設定することで、ファイル名が異なると見なされ、キャッシュの使用を回避する方法です。値は何でもかまいませんが、タイムスタンプを使うのが簡便でしょう。

 

<script src="sample_cache.js?p=(new Date()).getTime()"></script>

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

今回のサンプルプログラムでは、上記の「HTMLのmetaタグへの記述」と「script の src 属性に毎回変わる値を設定」の記述方法を確認します。HTMLとJSの2つのファイルを用意します。

HTMLファイル

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8" />
  <meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
  <meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
  <meta http-equiv="Expires" content="0">
  <title>sample</title>
</head>
<body>
  <div id="now"></div>
  <script src="sample.js?p=(new Date()).getTime()"></script>
</body>
</html>

 

JavaScriptファイル(sample.js)

var now = new Date();
document.getElementById("now").innerText = (now.getMonth() + 1) + "/" + (now.getDate());

 

実行結果は以下のようになります。htmlとjsのStatusが「200」となり、キャッシュを使用していないことが確認できます。

 

筆者プロフィール

この記事を監修してくれた方

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。