Photoshopで写真をセピアカラーにする4つの方法を解説【初心者向け】

Photoshopで写真を芸術的で雰囲気のある【セピアカラー】にする4つの方法を初心者向けに紹介する記事です。レンズフィルターを使用する方法、色調補正を使用する方法、グラデーションマップを使用する方法、オーバーレイを使用する方法の4つを解説。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

もとの写真を芸術的で雰囲気のある画像に変えたいと思ったことはないでしょうか?

Photoshopでは、写真をセピアカラーに変えることで魅力的に見せることが可能です。

 

今回は初心者向けにPhotoshop CCを使って説明します。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は写真をセピア風にする手法を試してみよう。

大石ゆかり

セピア写真って、少し茶色系の昔の写真ですよね。カラー写真からそういう色合いにできるんですか~?

田島悠介

Photoshopには写真をセピアにできる機能が最初から入っているんだ。また、色にこだわりたいなら色調補正や調整レイヤーを使うのもいいね。

大石ゆかり

是非やってみたいです。よろしくお願いします!

 

目次

Photoshopで写真をセピア色にする方法はいくつかあります。今回は、4つの方法について順番に紹介していきます。

 

レンズフィルターを使用する方法

色調補正タブから「白黒」を選択し、画像を白黒にします。

もう一度色調補正タブから「レンズフィルターの調整レイヤーを新規作成」を選択します。

「フィルター」→「セピア」を選択します。

ここで「適用量」から仕上がりを調整することができます。数値が高いほどよりはっきりしたセピア調になります。

フィルターが適用され、画像がセピアになりました。

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

色調補正を使用する方法

上のメニューの「イメージ」を選択し、「色調補正」から「色相・彩度」を選択しましょう。

「色相・彩度」のウィンドウが開かれますので、「プリセット」から「セピア」を選択します。

「OK」をクリックすれば完成です。

また、この方法の場合は「色相・彩度」ウィンドウの中の「色相」「彩度」「明度」の部分を変更することで、色にバリエーションのあるセピア写真を作ることが可能です。

 

グラデーションマップを使用する方法

あらかじめ赤〜茶色系統の色を描画色として選択しておきます。今回は以下の色を選択しています。背景色は白にしておきます。

レイヤーウィンドウ下の「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」アイコンをクリックします。

「グラデーションマップ」を選択します。

最初に選択した色に応じて、画面全体の色が変わります。

 

オーバーレイを使用する方法

調整レイヤーのときと同様に、赤から茶系統の色を描画色として選択しておきます。

色調補正タブから「白黒」を選択し、画像を白黒にします。

新規レイヤーを作成します。

レイヤーの属性を「オーバーレイ」に変更します。

編集から塗りつぶしを選択し、「OK」をクリックします。

オーバーレイのレイヤーの色を変更することで、あとから色の調整が可能です。

 

いかがでしたか?

自分で使ってみて、色の違いを実感してみてください。

 

田島悠介

レンズフィルターの適用量や色調補正の数値を変更すると、黄色寄りにしたり赤色寄りにしたり、自分の好みの色合いにできるよ。

大石ゆかり

調整レイヤーもレンズフィルターも、あまり普段使ったことがありませんでしたが便利な機能なんですね。

田島悠介

プリセットに「セピア」があって、さらにそこから調整できる色調補正の機能もなかなかお勧めだよ。画像の状態や表現したい内容によって選んでみよう。

大石ゆかり

色々試してみます。ありがとうございました!

 

また、一括で写真を編集したい場合は、Photoshopのバッチでファイルを一括で処理する方法も合わせてチェックしてみてください。

TechAcademyでは初心者でも2週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインブートキャンプPhotoshop講座を開催しています。