Photoshopで写真をセピアカラーにする4つの方法を解説【初心者向け】現役デザイナーが解説

Photoshopで写真を芸術的で雰囲気のある【セピアカラー】にする4つの方法を初心者向けに紹介する記事です。レンズフィルターを使用する方法、色調補正を使用する方法、グラデーションマップを使用する方法、オーバーレイを使用する方法の4つを解説。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

監修してくれたメンター

ノマリカ

印刷会社で校閲とDTPオペレーションを5年、Web制作会社でデザイナーを8年、一般企業でWeb担当を1年経験した後、フリーランスのデザイナーとして独立。
伝わりやすくて明快なデザインを得意としている。

撮影した写真を芸術的な雰囲気に変えたいと思ったことはないでしょうか?

そんなときはPhotoshopでセピアカラーに加工することで、写真を魅力的に見せることが可能です。

目次

※今回の作業はすべてAdobe Photoshop CCのバージョンで行っています。

 

田島悠介

今回は写真をセピアカラーにする手法を試してみよう。

大石ゆかり

セピアカラーの写真って、少し茶色系で懐かしい雰囲気ですよね。

普通のカラー写真からそういう色合いにできるんですか~?

田島悠介

Photoshopには写真をセピアカラーにできる機能が最初から入っているんだ。

また、色にこだわりたいなら色調補正や調整レイヤーをあわせて使うのもいいね。

大石ゆかり

是非やってみたいです。よろしくお願いします!

 

レンズフィルターを使用する方法

上部メニュー「ウィンドウ」内の「色調補正」を選択し、色調補正パネルを表示させます。

いくつかアイコンが並んでいる中ほどの「白黒」をクリックし、画像を白黒にします。

 

さらに色調補正パネルの「レンズフィルター」をクリックし、調整レイヤーを新規作成します。

 

レイヤーパネルにて、新規作成した調整レイヤー(レンズフィルターレイヤー)が選択されている状態で、上部メニュー「ウィンドウ」内の「プロパティ」を選択し、プロパティパネルを表示させます。

プロパティパネル内の「フィルター」の項目一覧から「セピア」を選択します。

※以下画像ではパネル名が「属性」と表示されていますが、現在は「プロパティ」というパネル名に変更されています。

 

「適用量」のスライダを左右に動かすことで、適用具合を調整することができます。

数値が高いほどはっきりしたセピア調になります。

 

好みの適用量に調整できたら完成です。

 

 

色調補正を使用する方法

上部メニュー「イメージ」内の「色調補正」から「色相・彩度」を選択します。

 

「色相・彩度」ウィンドウが開かれますので、「プリセット」から「セピア」を選択します。

 

「OK」をクリックすれば完成です。

 

また、この方法では「色相・彩度」ウィンドウ内の「色相」「彩度」「明度」のスライダを左右に移動させることで、セピアカラーのバリエーションを作ることが可能です。

より理想の雰囲気に近い設定を見つけてみましょう。

 

 

[PR] Webデザインで挫折しない学習方法を動画で公開中

グラデーションマップを使用する方法

ツールバー下部の描画色部分をクリックし、あらかじめ赤〜茶色系統の色を設定しておきましょう。

今回は以下の色を設定し、背景色は白にしておきます。

 

レイヤーパネル下部の「塗りつぶしまたは調整レイヤーを作成」アイコンをクリックし、「グラデーションマップ」を選択します。

 

すると、最初に設定した描画色に応じて、写真全体の色が変わりました。

セピアカラー写真の完成です。

 

 

オーバーレイを使用する方法

グラデーションマップを使用する方法と同様に、赤〜茶色系統の色を描画色として設定しておきます。

 

上部メニュー「ウィンドウ」内の「色調補正」を選択し、色調補正パネル内の「白黒」をクリックし画像を白黒にします。

 

レイヤーパネルにて、白黒レイヤーの上に新規レイヤーを作成します。

 

新規作成したレイヤーの属性を「オーバーレイ」に変更します。

 

新規作成したレイヤーが選択されている状態で、上部メニュー「編集」の「塗りつぶし」を選択します。

 

塗りつぶしウインドウの内容が「描画色」になっていることを確認し、「OK」をクリックします。

 

写真全体の色が変わりました。

適用具合を調整したい場合は、オーバーレイを設定したレイヤーの色相や彩度を調整してみましょう。

 

まとめ

今回は写真の色をセピアカラーに変更する代表的な方法を4つご紹介しました。

Photoshopは写真加工においてさまざまなアプローチが用意されており、「こうしないといけない」といったルールはありません。

是非いろいろ試してみて、ご自分にあう効率の良い方法を見つけていただければと思います。

 

今回の記事は以上です。

 

田島悠介

レンズフィルターの適用量や色調補正の数値を変更すると、黄色寄りにしたり赤色寄りにしたり、自分の好みの色合いに調整できるよ。

大石ゆかり

調整レイヤーもレンズフィルターも、あまり普段使ったことがありませんでしたが便利な機能なんですね。

田島悠介

プリセットに「セピア」があって、さらにそこから調整できる色調補正の機能もなかなかお勧めだよ。

画像の状態や表現したい内容によって選んでみよう。

大石ゆかり

いろいろ試してみます。ありがとうございました!

 

Photoshopを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • Photoshopを調べたけど分かりづらい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

Photoshopの学習や情報収集をしていて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPhotoshop講座では、第一線で活躍する「プロのWebデザイナー」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたWebデザイナーのチャットサポートを受けながら、初心者でもフォトレタッチをマスターできます。