pandasで株価のデータを取得する方法【初心者向け】

初心者向けにpandasで株価のデータを取得する方法について解説しています。pandasはデータ分析や数値計算を支援のライブラリですが、WebスクレイピングのようにHTMLページを解析することもできます。DataFrame形式をCSVに変換してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

pandasで株価のデータを取得する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

pandasで株価のデータを取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

pandas.read_html関数の使い方

pandasはデータ分析や数値計算を支援する、Pythonのモジュールです。

pandas.read_html関数はWebページにアクセスし、表形式のデータ(tableタグ)を探索し、DataFrame形式のデータとして読み込みます。戻り値はDataFrameのリストになります。

詳細は公式のドキュメントを参照してください。
 

株価のデータの取得先

この記事では、日経新聞のWebサイトの公開しているデータを利用します。
以下URLで、各企業の株価データ過去1ヶ月分を参照できます。

 

https://www.nikkei.com/nkd/company/history/dprice/?scode=<証券コード>&ba=1

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

前提

pipコマンドでpandasモジュールをインストールしておきます。

 

pip install pandas

 

サンプルコード

import pandas

frame = pandas.read_html('https://www.nikkei.com/nkd/company/history/dprice/?scode=7203&ba=1')[0]
csv = frame.to_csv()

with open('toyota_stock.csv', 'w') as f:
  print(csv, file=f)

 

実行結果

カレントディレクトリに株価データ一覧のtoyota_stock.csvファイルが保存されました。

 

解説

1行目でpandasモジュールをインポートしました。
3行目で日経新聞のWebページにアクセスし、株価データを取得しました。例としてトヨタ自動車を指定しました。
4行目でpandas DataFrame形式をCSV形式に変換しました。
6,7行目でCSVデータをファイルに書き込みました。

 

留意事項

このプログラムは日経新聞のWebページをスクレイピングしています。
WebページのURL、記述内容、レイアウトなどが変化すると、動作しなくなる可能性があります。
 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。