Rubyの配列の比較方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyの配列の比較方法について現役エンジニアが解説しています。配列同士を比較するには、配列の要素に対して比較する方法と、配列(オブジェクト)を比較する方法があります。中身と外側と考えるとわかりやすいです。比較演算子やequal?メソッドを使い配列を比較します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyの配列の比較方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyの配列の比較方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

2つの配列(の要素すべて)が同じか比較する方法(==メソッド)

==メソッドは、2つの配列が同じかどうかを比較するメソッドです。
配列の各要素を1つづつ比較していき、それぞれが同じであればtrue、違いがあればfalseを返します。

使い方は、以下の通りです。

 

配列1 == 配列2

 

同じでないことを確認するには、!=メソッドが使用できます。
こちらは、配列に違いがあればtrue、同じであればfalseを返します。
使い方は==メソッドと同様で以下の通りです。

 

配列1 != 配列2

 

2つの配列が同じオブジェクトか比較する方法(equal?メソッド)

equal?メソッドは、==メソッドと違い要素が同じかどうかではなく、同じオブジェクトかどうかを比較します。

配列が同じオブジェクトならtrue、違うオブジェクトならfalseを返します。たとえ同じ内容の配列であっても、同じオブジェクト出なければfalseを返すことに注意してください。

使い方は以下の通りです。

 

配列1.equal?(配列2)

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは、実際に書いてみましょう。
==メソッド、!=メソッド、equal?メソッドを使用して動きを確認しましょう。

以下のようにコーディングしてみてください。

# 配列を宣言
numbers1 = [1,2,3,4,5]
numbers2 = [1,2,3,4,5]
numbers3 = [10,20,30,40,50]

# ==メソッド
puts numbers1 == numbers2  # => true
puts numbers1 == numbers3  # => false

# !=メソッド
puts numbers1 != numbers2  # => false
puts numbers1 != numbers3  # => true

# equal?メソッド
puts numbers1.equal?(numbers1)  # => true
puts numbers1.equal?(numbers2)  # => false

 

結果は以下の通りです。==とequal?の違いに注意しましょう。

true
false
false
true
true
false

以上で解説を終わります。よく使うメソッドなので、覚えておきましょう。

 

筆者プロフィール

メンター金成さん

フリーランスエンジニア。
Railsの案件を中心に、様々なアプリケーションを開発してます。

使える言語は、ruby python go 。最近はgoにハマってます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。