RubyでCSVファイルを読み込む方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでCSVファイルを読み込む方法について現役エンジニアが解説しています。CSVファイルとは、データが何らかの文字で区切られて並んでいるような形式のテキストファイルのことです。プログラミングと相性が良く、データを配列として取得することが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyでCSVファイルを読み込む方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

RubyでCSVファイルを読み込む方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

CSVファイルを読み込むための主なメソッド

CSVファイルを読み込むには、CSVライブラリを使用します。

CSVライブラリには、ファイル全体を一度に読み込むreadメソッド、一行ずつ読み込むforeachメソッド、CSV形式の文字列から読み込むparseメソッドがあります。

それぞれ見ていきましょう。

CSVファイル全体を一度に読み込む方法

ファイルを一度に読み込む場合はreadメソッドを使用します。

 

CSV.read(<file path>)

のように、引数はCSVファイルへのパスを指定します。読み込み結果が二次元配列で返ってくるので、eachメソッドなどで順番に処理してあげるとよいでしょう。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

CSVファイルから一行ずつ読み込む方法

一行ずつ読み込む場合はforeachメソッドを使用します。

 

CSV.foreach(<file path>)

 

のように、引数はCSVファイルへのパスを指定します。行ごとのデータが配列でブロック変数に渡されるので、do~end ブロックなどで順番に処理してあげるとよいでしょう。

文字列から一行ずつ読み込む方法

CSV形式の文字列を読み込むにはparseメソッドを使用します。

 

CSV.parse(<csv string>)

 

のように、引数は対象文字列を指定します。行ごとのデータが配列でブロック変数に渡されるので、do~end ブロックなどで順番に処理してあげるとよいでしょう。

実際に書いてみよう

今回は次のようなCSVファイルを使用してみます。

RubyでCSVファイルを読み込む方法のサンプルデータ

CSVファイル全体を一度に読み込む方法

CSV.readでデータを読み込むと、二次元配列でデータが返ってきているのがわかりますね。返り値は単なる配列なので、eachで各行ごとに処理することもできます。

 

irb(main):001:0> require "csv"
=> true
irb(main):002:0> data = CSV.read("csv_sample.csv")
=> [["apple", "orange", "banana"], ["100", "200", "300"], ["red", "orange", "yellow"]]
irb(main):003:0> data.each do |d|
irb(main):004:1* p d
irb(main):005:1> end
["apple", "orange", "banana"]
["100", "200", "300"]
["red", "orange", "yellow"]
=> [["apple", "orange", "banana"], ["100", "200", "300"], ["red", "orange", "yellow"]]

 

CSVファイルから一行ずつ読み込む方法

CSV.foreachを使うことで、一行ずつデータを読み込んでいることがわかりますね。ブロック変数には、各行の文字列をカンマで区切った配列が入ります。

 

irb(main):001:0> require "csv"
=> true
irb(main):002:0> CSV.foreach("csv_sample.csv") do |d|
irb(main):003:1* p d
irb(main):004:1> end
["apple", "orange", "banana"]
["100", "200", "300"]
["red", "orange", "yellow"]
=> true

 

文字列から一行ずつ読み込む方法

最後にCSV.parseで、CVS形式の文字列を読み込んでみましょう。まずは、サンプルファイルと同じ内容の文字列を準備します。\nは改行コードです。

CSV.parseに引数として渡すことで、各行ごとに読み込まれていることがわかりますね。

 

irb(main):001:0> require "csv"
=> true
irb(main):002:0> str = "apple,orange,banana\n100,200,300\nred,orange,yellow"
=> "apple,orange,banana\n100,200,300\nred,orange,yellow"
irb(main):003:0> CSV.parse(str) do |d|
irb(main):004:1* p d
irb(main):005:1> end
["apple", "orange", "banana"]
["100", "200", "300"]
["red", "orange", "yellow"]
=> true

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。