RubyでCSVファイルへ書き込む方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでCSVファイルへ書き込む方法について現役エンジニアが解説しています。CSV形式・ファイルはデータが何かの文字で区切られて並んでいるテキストファイルになります。CSV形式のデータをファイルに書き込んだり、追記してみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyでCSVファイルへ書き込む方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

RubyでCSVファイルへ書き込む方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

CSVファイルへ書き込むための主なメソッド

CSVファイルを書き込むには、CSVライブラリを使用します。ファイルへの書き込みは、CSVファイルを開くopenメソッド、データの書き込みを行う<<メソッドやputsメソッド、add_rowメソッドを使用します。

ファイルへ書き込む方法

まずはCSV.open(<file path>, <mode>)メソッドで、書き込み用のファイルを開く必要があります。<file path>には書き込み先を、<mode>には新規作成(上書き)の場合は”w”を、追記の場合は”a”を指定します。

ファイルを開いたら、データの書き込みは<<メソッドや、putsメソッド、add_rowメソッドで行います。書き込みたいデータを配列で渡すと、配列の要素ごとにCSV形式(カンマ区切り)にして書き込みが行われます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

新規CSVファイルの作成

まずは新規ファイルを作成して、データを書き込みしてみましょう。

新規ファイルなので、CSV.openのmodeは”w”で指定しています。3×3のデータが書き込まれているのがわかりますね。

 

irb(main):001:0> require "csv"
=> true
irb(main):002:0> CSV.open("csv_sample_write.csv", "w") do |csv|
irb(main):003:1* csv << ["apple", "orange", "banana"] irb(main):004:1> csv << [100, 200, 300] irb(main):005:1> csv << ["red", "orange", "yellow"] irb(main):006:1> end
=> <#CSV io_type:File io_path:"csv_sample_write.csv" encoding:UTF-8 lineno:3 col_sep:"," row_sep:"\n" quote_char:"\"">
irb(main):007:0> CSV.read("csv_sample_write.csv")
=> [["apple", "orange", "banana"], ["100", "200", "300"], ["red", "orange", "yellow"]]

 

もう一度、新規ファイルとしてデータを書き込んでみましょう。さっき作ったデータが上書きで消えているのがわかります。

 

irb(main):009:0> CSV.open("csv_sample_write.csv", "w") do |csv|
irb(main):010:1* csv << ["赤", "オレンジ", "黄"] irb(main):011:1> end
=> <#CSV io_type:File io_path:"csv_sample_write.csv" encoding:UTF-8 lineno:1 col_sep:"," row_sep:"\n" quote_char:"\"">
irb(main):012:0> CSV.read("csv_sample_write.csv")
=> [["赤", "オレンジ", "黄"]]

 

既存CSVファイルへの追記

最後に、既存データは消さずに追記してみましょう。

追記なのでCSV.openのmodeは”a”で指定しましょう。新しくデータの書き込みをしても、元々あったデータが消えずに、追記されているのがわかりますね。

 

irb(main):014:0> CSV.open("csv_sample_write.csv", "a") do |csv|
irb(main):015:1* csv << ["apple", "orange", "banana"] irb(main):016:1> csv << [100, 200, 300] irb(main):017:1> end
=> <#CSV io_type:File io_path:"csv_sample_write.csv" encoding:UTF-8 lineno:2 col_sep:"," row_sep:"\n" quote_char:"\"">
irb(main):018:0> CSV.read("csv_sample_write.csv")
=> [["赤", "オレンジ", "黄"], ["apple", "orange", "banana"], ["100", "200", "300"]]

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。