Rubyの引数の渡し方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyの引数の渡し方について現役エンジニアが解説しています。変数などの渡し方には値渡し(ねわたし)と参照渡し(さんしょうわたし)があります。値渡しはメモリ上に領域が作られ、引数に指定した値と同じ値が入ります。参照渡しでは引数に指定した値のメモリ上の場所が入ります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyの引数の渡し方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyの引数の渡し方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

引数とは

引数とは、関数に何らかの処理をする際に渡す値のことを指します。

例えば、以下のように足し算をする関数があった場合aとbが引数になります。

 

def add(a,b)
    a + b
end

 

値渡しと参照渡しとは

引数の渡し方には、2種類あります。値渡しと参照渡しです。

この2つの概念を理解するために、まずメモリと変数の関係について説明します。
変数は、メモリ(コンピュータの作業スペースのようなもの)に場所/番地を確保して保存されます。
例えば、a=1,b=2と代入した場合、0x8555番地に1、0x8556番地に2といった形で場所を確保します。

ここまでが簡単なメモリと変数の説明です。

では、関数に値を渡す場合には何が起こるのかを説明します。
値渡しで引数を渡す場合は、引数の値をコピーして別の領域を確保します。
 

def add(a,b)
    a + b
end

x = 1
y = 2
add(x,y)

 

この例では、xとyが仮に0x8555番地に1、0x8556番地に2といった形でメモリを確保しているとすると
aとbは1,2という値を別の番地に確保します。0×9255番地に1、0x9256番地に2といった形です。
Rubyでは引数は基本的に、この値渡しで行われています。

参照渡しをする場合は、新しく確保したメモリに値の代わりに番地を保存します。
先ほどの例で言えば、xとyで0x8555番地に1、0x8556番地に2が確保されているとすると
aとbはxとyの番地を保存します。つまり。aは0×9255番地に0x8555、0x9256番地に0x8556を保存します。

値渡しは、値をコピーして使用するため引数a,bの値を変更してもx,yに影響はありません。
一方参照渡しでは、引数a,bとx,yは同じ番地を共有したような状態になるため、a,bの変更がx,yも変えてしまいます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

Rubyの引数の渡し方

関数で引数を渡す際は、カンマで区切って渡します。
作成した関数の引数の数と渡す値の数が一致しないとエラーが発生するので注意してください。

 

実際に書いてみよう

では実際に書いてみましょう。以下のコードを実行してみてください。
 

# a,bに1加える関数
def add_one(a,b)
    a += 1
    b += 1
end


x = 1
y = 2

add_one(x,y)

puts x # 値渡しなのでa+=1が影響しない
puts y # 値渡しなのでb+=1が影響しない

 
実行結果は以下の通りです。

1
2

以上で解説を終わります。プログラミングをする上で重要な概念の1つです。しっかり押さえておきましょう。
 

監修してくれたメンター

メンター金成さん

フリーランスエンジニア。
Railsの案件を中心に、様々なアプリケーションを開発してます。

使える言語は、ruby python go 。最近はgoにハマってます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。