残業しないためにやるべきことは何?仕事の効率化と進め方を紹介

残業は、すべきことが1日の勤務時間内に終わらせられないときの補填時間です。残業代は出るものの、疲労感で心身ともにベストパフォーマンスを出せる状態にはありません。 残業しないためには、どんなことを意識して仕事に取り組めばいいのでしょうか。効率化の進め方を習得し、仕事とプライベートのどちらも充実させられるビジネスパーソンに成長していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

残業を好きでやっているという人はいますでしょうか?残業代込みで生計を立てているという人は、残業は必要なものとしておいていると思います。しかし最近では働き方改革などで仕事時間が短くなってはいます。ですがまだまだそうではない会社や業界も存在します。

会社や社会の制度に頼るのも限界があるので、自分自身の仕事の効率化を図るのも重要になります。今回は残業をしないことで得られるものを紹介していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

残業をしないことのメリット


残業をしないことのメリットには、次のようなものがあります。

 

生産性が上がる

限られた時間の中でやりきることで得られるものは大きく、いかに効率的に仕事を進めるかを真剣に考えるようになります。仕事を時間内に終わらせられれば残業代もかさまず、生産性が上がって企業の利益自体がアップしていきます。また、集中力も高められるでしょう。

 

プライベートを充実させられる

残業しないとワークライフバランスが取れるようになります。パートナーや子どもとの時間を増やすことができ、保育園のお迎えなどにも間に合う可能性もあるでしょう。趣味を楽しみ、恋人とのデートもできるようになります。

 

十分な休息時間の確保につなげられる

仕事に集中できないことや、ミスが何度も起きてしまう原因には疲れや睡眠不足などが原因になることも多いです。残業しないことで、ゆっくり心身を休める時間が確保できるようになります。平日通いにくかった病院へも通えるようになるでしょう。また十分な睡眠を確保できることで美容にも健康にも、良い効果が期待できます。

 

自己投資する時間が増える

残業しないようになると、本来仕事に当てていた時間を自己投資に使うことができます。資格・免許取得に向けての勉強時間や英会話、ジムなど、自身の内面外見を高めるための時間にできるのです。

 

残業しないための仕事の効率化

残業しないためには、就業時間内の業務を効率的に行う必要があります。業務の流れを確認し、いつもパターン化している業務の動線・手順が最適かを見直しましょう。

また、頻繁に扱う書類などはアナログのままになっていないか、データ化してボタン一つで出力できる状態にできないかなども見直しが必要です。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

その他の方法

残業しないために行うのは、作業効率化以外にもさまざまなものがあります。

 

周囲の帰らない雰囲気に合わせない

本当は定時で帰れる状態にあっても、ワーカホリック気味の先輩などが帰る気配がないと、帰ることすら罪悪感をもつことも多いです。本当に残業が必要な日はあるかもしれませんが、特に重要な仕事忘れをしていない限り、周囲のペースの無理に合わせることもやめるようにしましょう。

 

段取りの時間を朝に変更する

残業になってしまうのは、翌日の準備を前倒ししようとする結果でもあります。しかし本来は、その準備さえ業務時間内に終わらせるべきです。難しいようであれば、朝活で準備を行うようにします。

段取りする時間をどこに置くかだけでも大きな変化が見えるはずです。自分で1日のルーティンを作り上げていくことが大切です。

 

まとめ

残業しないことが会社や自分にメリットをもたらします。

残業をしないことのメリットには、

  • 生産性が上がる
  • プライベートを充実させられる
  • 十分な休息時間の確保につなげられる
  • 自己投資する時間が増える

などがあります。

また残業しないためには、

  • 業務の効率化を図る
  • 周囲の帰らない雰囲気に合わせない
  • 段取りの時間を朝に変更する

ことが大切です。

会社自体が古い体質でブラック企業気味の場合には、社内での改善提案も必要ですが無理は禁物です。残業体質が改善できないと体調を崩す恐れもありますので、転職なども視野に入れながら働き方を見直す必要があるでしょう。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。