コーチングとは一体何か?今日から使えるフレームワークも併せて紹介

人間関係を良好にするために必要といわれているコミュニケーションも、人によって苦手と感じている人もいるでしょう。仕事や普段の生活でもっと深く関わりたいと思っていても、うまく相手の興味を引くことができず信頼関係の構築できずに悩む人も多いです。 コーチングのやり方を知ることで、今よりも相手との心の距離が近くなり、いい人間関係の構築ができるようになります。覚えておいて損のないコミュニケーション術「コーチング」を覚えてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

みなさんは「コーチング」という言葉をご存知でしょうか?似たような役割で「コンサルティング」というものがありますが、微妙に手法や役割が違います。これを理解しておくことで、現在の問題を解決するにはどちらを使えば良いかが明確になります。

今回は「コーチング」について、具体例を交え解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

コーチングとは


コーチングとは、相手との会話を円滑に進めるための質問力を鍛える方法です。

  • 会話がなぜか続かない
  • 会話の途中で相手が不快な表情をみせる
  • 話し出すと他の話題にされてしまう

など、うまく会話でのコミュニケーションができないために、人間関係に距離ができやすい人におすすめの訓練方法でもあります。

 

コーチングを行うメリット

コーチングを行うことで得られるメリットは、以下の通りです。

  • 相手と心理的に距離が近くなり、親密度が増す
  • 会話が続くようになり、無言の時間に苦しまなくなる
  • 自分肯定感が高まる
  • 聞き上手になれる
  • 自分と違う意見も不快に感じなくなる

また、仕事でもメリットが大きいです。

  • モチベーションアップにつながる
  • チームワークの団結力が高まる
  • 目標達成や業績アップにつながる
  • 若手の育成にも役立つ
  • 営業のための基盤作りができる

コーチングすることで、主にメンタル面での改善ができるようになり、意識や行動にも変化が見られるようになっていきます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

コーチングのやり方


コーチングは、相手との会話に対して「準備」「聴く」「投げかける」の仕方にルールを設けることでスキルアップできます。

 

1.準備

会話が始まる前には、以下のことに配慮できているか確認します。

  • パーソナルスペースに踏み込んでいないか
  • 近づく意図を伝えているか
  • 自らの心身状態は万全か

着座して会話するときは真向かいに座るのを避け、右前・左前などに座ります。また、その位置に座る意図をしっかり伝え、相手の不安を取り除きましょう。例えば「真向かいよりも声が聞こえる」「ゆっくり話しを聞きたいから」といった具合です。

自分の体調や精神状態によっては、話を聞くにしても上の空になってしまいがちです。心身の状態も必ずチェックしましょう。

 

2.聴く

会話が始まってからは、

  • そもそも相手に興味が持てるか
  • 傾聴にかける配分は十分か(約7割を意識する)
  • 自分の考えと混同させずに聞けるか
  • あいづちを打って聞いているか
  • 相手の言葉を反復しているか

等を意識してコーチングを進めましょう。自分の意見と真逆の内容でも同様せず、上手にあいづちや反復言葉を使い、関心を寄せていきます。相手に全く興味がないと、弾む会話も弾みませんので相手に興味を寄せて聴くことを意識しましょう。

 

3.投げかける

聴くが7割、残りの3割は自分から相手への問いかけです。

  • 質問は的外れじゃないか
  • 話しやすいテーマか
  • 会話が尋問になっていないか

などを意識してみましょう。質問する内容のカテゴリが大きすぎると、相手も答えにくくなりますので、具体性のある質問を心掛けるのがおすすめです。

 

コーチングを行うときのポイント

会話の中でコーチングを行うわけですから、自分だけが「話をたくさん聞けた」と一方的に満足するような会話であってはいけません。相手が「また聞いてほしいな」と思えるようになるのが理想的です。

そのためのポイントは、相手をしっかり観察することです。話すときの姿勢や表情、目つきや声のトーンなどに、不快そうな要素がないかをチェックしましょう。また、会話の内容を反転させるように「でもさ」「だって」などといった否定語がないかも聞き逃さないようにしましょう。

相手が共感する反応を見せているかどうかが大切です。

 

コーチングで快適な人間関係を構築しよう

コーチングは、相手との会話が続かない、相手が話しをしたがらない状況などを改善し、会話でのコミュニケーションをスキルアップさせる訓練方法です。

コーチングすることで、

  • 相手と心理的に距離が近くなる
  • モチベーションアップにつながる
  • チームワークの団結力が高まる
  • 目標達成や業績アップにつながる

など、あらゆるメリットがありメンタル改善にも効果的です。
コーチングを意識しながら快適な人間関係を構築し、働く環境を明るいものにしていきましょう。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。