顧客折衝とは?新規クライアント開拓に困らないビジネススキル

顧客折衝力は、ビジネスシーンにおいて重要なスキルの一つです。クライアントとの折衝が上手くいかず、悩んでいる人もいるでしょう。そんな時、顧客折衝力が高ければ相手の要望をスムーズに理解し、お互いの妥協点を見いだせます。そこで今回は、「顧客折衝」について紹介します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

ビジネスマンとして重要なスキルの1つに位置づけされるものに「顧客折衝」というものがあります。クライアントとの良好な関係性を築くのに重要なスキルとなります。

今回は顧客折衝スキルのつけ方もあわせて、解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

顧客折衝とは


顧客折衝とは、「顧客と話し合いながらお互いの合意点を見つけ出すこと」です。「顧客折衝」という言葉は、特に政治や営業シーンにおいて用いられます。お客様や取引相手とのやり取りでは、お互いが目標を達成できるように駆け引きしなければなりません。

その際、顧客折衝力が重要となります。

交渉との違い

「折衝」と「交渉」という言葉はビジネスでよく使われるワードです。交渉とは、ある事を実現に導くために、関係者同士で話し合いを行うこと。

交渉はお互いの利害に関わらず穏やかに話し合うことであるのに対して、折衝は利害の一致しない相手とお互い納得いくように妥協点を見つけ出すことを指します。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

顧客折衝力がビジネスに与える影響


ビジネスにおいて顧客折衝力は非常に重要です。顧客折衝力が不足していると、クライアントが満足できない結果になり、トラブルになり兼ねません。お互いが納得した結果を導き出すためにも、顧客折衝力を高めて行く必要があります。

ビジネスシーンで顧客折衝力が高ければ、クライアントの要求を理解しつつ自分の希望も分かりやすく相手に伝えられるため、お互いの意思疎通が容易になるでしょう。

 

顧客折衝力を身に着けるには

顧客折衝力を高めるには、やはり経験が必要です。しかし、経験不足の場合でも意識することで顧客折衝力は身につけられます。例えば、クライアントの話をよく聞いて、相手が望んでいることを把握しようとするクセをつけると良いでしょう。

また、お互い納得のいく妥協点を見つけ出せるように提案を複数用意しておくと、折衝がスムーズに進められます。そして、提案の内容を分かりやすく伝えられるように、説明の仕方も練習しておきましょう。

 

まとめ

今回は、新規クライアント開拓に必須のスキル「顧客折衝力」を紹介しました。交渉が穏やかに話し合うことに対して、折衝は利害が一致しない相手と駆け引きすることです。折衝力が不足していると、クライアントとトラブルになりかねません。

新規クライアントの獲得をスムーズに行うためにも、相手の話をよく聞いて相手の望んでいることをしっかりと把握しましょう。そして、提案を分かりやすくクライアントに伝えることも重要です。お互いが満足できる結果になるように、顧客折衝力を高めていきましょう。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。