仕事で使える人心掌握術!できるビジネスマンの心理学

ビジネスにおいて、お客様や取引先の方と上手くいかなくて悩んでしまうことがあるでしょう。もしも人心掌握術を身につけられば、相手との距離を縮められる可能性があります。そこで今回は、仕事で使える人心掌握術を紹介します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事している上で専門知識などと同様に重要なのが対人能力です。いくら能力が優れていても、人との付き合いに難があるとなかなか仕事を依頼しにくいです。なので最低限押さえておきたいところです。

そしてそれはできている人はさらに1歩上がるために、ビジネスで使える心理学(じんしんしょうあくじゅ)を身につけたらどうでしょうか?それにより、もっと仕事が楽しくなるでしょう。

今回は心理学や人心掌握術について詳しく解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

人心掌握術とは


人心掌握術(じんしんしょうあくじゅつ)とは、相手の心をしっかりとつかむことです。自分の意のままに相手の心を操ることができれば、それは人心掌握ができている状態。相手からの尊敬や信頼を得られれば、自分の思い通りに相手の心を動かせるようになります。

特に相手との信頼関係が重要なビジネスシーンにおいては、人心掌握術を使えると取引もスムーズに行えるでしょう。そのため、コミュニケーションに苦手意識のある人が人心掌握術をマスターすると、人付き合いによるストレスが少なくなるというメリットもあります。

 

人心掌握術がビジネスに与える影響

ビジネスにおいて、お客様や取引先の方と上手く関係を築くためには、相手に心をオープンにしてもらわなければなりません。しかし、初対面であれば特に難しいもの。そこで、人心掌握術が役に立ちます。

人心掌握術の一つとして、相手が心をオープンにしやすくなる方法があります。多くの人は、リラックスした状態で自分の話をゆっくりと聞いてくれる人に対して心を許します。そのため、相手が話しやすい雰囲気を作り出し話をよく聞くことで、相手との距離が縮められるのです。

このように、人心掌握術を身につけるとお客様や取引先の方とより親密な関係が築けられます。すると、ビジネスシーンにおいても仕事が成功する可能性が高まるでしょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

人心掌握術を身につけるには


人心掌握術をマスターするには、まずは相手のことを理解しようとする努力が必要です。相手をよく観察して、どんなことを考え、何を望んでいるのかを把握します。そして、相手の気持ちになって親身に話を聞いてあげましょう。

常に相手のことを考えて、優しい気持ちで接することを意識していれば、自然と相手から信頼されるようになります。また、相手から話を聞き出すだけでなく、自分のことも話してみましょう。人は、心をオープンにしてくれる相手に対しては、自分の心も許しやすいからです。

 

まとめ

今回は、ビジネスに役立つ人心掌握術を紹介しました。人心掌握術とは、相手の心をしっかりとつかむこと。お客様や取引先の方が心を許してくれることで、仕事が成功する可能性も高まります。

そして、人心掌握術を身につけるには、相手のことを理解しようとする気持ちが重要です。優しい態度で相手の話をしっかりと聞いてあげて、自分のことも心をオープンにして相手に伝えます。お互いで心を許し合える、よいビジネスパートナーを目指しましょう。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。