コンペで競合他社に勝つために必要な準備とは?具体例とともに解説

コンペには競技や競争という意味があり、発注元企業が複数の業者からプレゼンを受けて最もマッチする企業を選出する方法です。依頼主が求める商品や企画などを提案することで、スキルアップやビジネスチャンスにつながります。この記事では、ビジネスにおけるコンペの概要や例、そしてコンペで勝つ方法を紹介します。今までコンペに参加したことがない人も、ぜひ参考にしてみてください。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

仕事をしていく上でコンペで勝つといのはもっとも重要なことと認識している人も多いかもしれません。勝つことで仕事が増え自分の成績にも反映されるので、念入りに準備をしていることでしょう。

ではコンペで勝つのにポイントはあるのでしょうか?必ず勝つというのはありません、最低限抑えなければいけないことはいくつかあります。

今回はコンペに勝つ3つのポイントを詳しく解説していきます。

 

ビジネスにおけるコンペとは

コンペとはコンペティションの略で「競技、優劣をつける」という意味があります。依頼主は商品やデザインなど複数の会社からいくつもの提案を受けて、最終的に気に入ったものを選びます。

コンペでは競合する相手がいるので、自分のデザインや商品を選んでもらうために依頼主にどのようなアピールするかがポイント。試行錯誤を繰り返しプレゼン方法を検討することで、提案する側のスキルアップや取引先企業の拡大にもつながるでしょう。

 

コンペの例

具体的に、コンペにはどのようなものがあるのか紹介します。コンペに参加したことがない人でも、参考にしてみてください。

 

プロモーション方法を提案

新規事業や業績が伸び悩んでいる商品のターゲット層に対して、プロモーション方法を提示するコンペです。依頼企業の思いや商品や事業のコンセプト、そして売上目標や計画などを参考にしながら提案内容を考えていきます。

「これなら売上につながる」「こんなプロモーションがしてみたかった」と思わせられるよう、競合他社にないアイデアや方法を提案することがポイントです。

 

ソフトウェアの開発

「今のシステムが使いにくい」「業務効率化を図りたい」など、依頼主の問題点を解決するようなソフトウェアを提案するコンペです。ソフトウェアのスペックはもちろんのこと、具体的な検証結果や導入例、どのようなメリットがあるのかを説明します。

また、導入までの流れやサポート体制などもアピールできると、依頼主が導入後の具体的なビジョンを描けるようになるでしょう。

 

企業のロゴや名称を提案

企業が新しいロゴや新規店舗、新規事業の名称を募り、そのコンセプトに合わせて提案するコンペです。幅広い業種の人が参加しやすいため、依頼主の企業に響くような動機づけが重要となります。

企業のコンセプトや思いをいかに汲み取り、納得してもらえるようなアピールができるといいでしょう。

 

[PR] Webデザインで副業する学習方法を動画で公開中

コンペで競合会社に勝つための3つのポイント


最後に、コンペで競合他社に勝つためのポイントを3つ紹介します。コンペに挑む前に、ぜひチェックしてみてください。

 

依頼主が求めるニーズに合っているか

いくら納得できるロゴやシステムが思いついても、依頼主が求めるニーズに合っていなければ選んでもらえません。依頼主の本当のニーズや思いがどこにあるのかを見極めて、それを解消するような提案をすることが重要です。

例えば、出勤管理システムを導入したい場合、「従業員の作業効率化」や「勤怠管理を楽にしたい」など、さまざまなニーズが想定できます。依頼主が求めるニーズを重視して、コンペ案を練るようにしましょう。

 

どのようにアピールするのか考える

納得のいく企画や商品ができあがっても、魅力を伝えなければ競合他社より優れていることを分かってもらえません。そのため「どのようにアピールするのか」を念頭に置いて、プレゼン方法を考えることも大切です。

限られた時間の中で「導入してみたい」「これを選びたい」と思ってもらえるよう、重要なポイントを正確に伝えられるようにしましょう。

 

答えられない質問がない状態にする

質疑応答のときに戸惑ってしまうと、依頼主に不安を与えてしまいます。どのような質問をされてもいいように、ネガティブな状況も考えながら相手の質問をイメージしましょう。

どのようなことを聞かれてもすんなりと答えられれば、大きな信頼感につながります。

 

まとめ

コンペは、競合他社に負けないように自社の強みをアピールすることが大切です。まずは得意分野のコンペならアイデアも浮かび、競合他社に負けない提案ができるでしょう。

依頼主の企業に選んでもらうためには、ニーズや悩みをしっかりと把握しておくことが大切です。それに沿った提案ができるだけでも、魅力的に感じてもらえるでしょう。

また、提案内容を伝えるための魅力的なプレゼンも欠かせません。何度もチャレンジを重ねることで、プレゼンやアピール方法が掴めるようになるはずです。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。

 

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する