できるビジネスマンは顧客へのアフターフォローを重要視する|その理由と正しいやり方を解説

できるビジネスマンは顧客へのアフターフォローを重要視する|その理由と正しいやり方を解説

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

 

できるビジネスマンはアフターフォローが素晴らしいという特徴があります。成績に直結するのはどうしても導入である営業先の獲得数や売上であるため、その後のことを放ったらかしにするケースがままあります。

しかし1度利用してくれた顧客を定着し継続させることこそ、会社にとっては重要な資産となるのです。なのでできるビジネスマンは入口だけでなく、その後のアフターフォローもしっかりしています。

ここでは具体的なアフターフォローの方法を詳しく解説していきます。

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

アフターフォローとは


アフターフォローとは、商品やサービスを提供してからも定期的にコンタクトを取り、利用状況や顧客の状態を把握することです。

「アフターフォローまでが仕事」と言うように、顧客の状態を把握することで、リピーター取得につながる場合が。また、双方に信頼関係が生まれるので、違う仕事に結びつくこともあります。

そのため、「アフターフォローは面倒」と思っている部下にもアフターフォローの重要性を示して、意識させる必要があります。

 

アフターフォローを実施するメリット

アフターフォローをするメリットは、主に3つあります。

1つ目は、自社のサービスや商品のフィードバックにつながることです。商品を提供して終わりでは、実際の使い心地や活用例などを知ることができません。顧客から直接感想を聞くことで、改善点やアピールポイントを知るきっかけとなります。

2つ目は、リピーター取得が期待できるところ。定期的に顔を合わせていると、それだけでも親近感が生まれます。定期的に購入するサービスや商品の場合、リピーター取得にもつながります。

3つ目は、新しい情報の提供ができるところ。アフターフォローを続けていれば、新商品ができた場合にいち早く情報の共有ができます。このように、アフターフォローは営業活動だけでなく、自社製品のフィードバックにも役立ちます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

アフターフォローをするときのポイント


アフターフォローの方法を部下に伝えるときには、次のようなポイントに注意してみましょう。

 

商品の使用状態を確認する

もっとも簡単なアフターフォローの方法は、購入したサービスや商品の使用状態をチェックすることです。抜けなくアフターフォローができるように「購入後〇ヵ月以内にフォローする」など、決めておくといいでしょう。

商品のメリットやデメリットなどヒアリングする項目も決めておけば、戸惑うことも少なくなります。

 

使用事例など顧客が役立つ情報を提供する

顧客と良好な信頼関係を築くために、相手が有益だと感じる情報提供をするのも一つの方法です。

使用事例やお得な使い方など、今のサービスや商品を活かせる情報を定期的に提供しましょう。社内で内容を決めて共有すると、難なくアフターフォローに使えます。

 

新しいサービスや商品の情報を伝える

アフターフォローをするときには、新しいサービスや商品などの情報を伝えることで興味を持ってもらえることがあります。現在使用している商品やサービスと絡めて話をすると、興味を持ってもらいやすいでしょう。

信頼関係が築けていれば、リピーターにつながることも多いです。

 

まとめ

一度サービスや商品を購入した顧客を離さないためにも、アフターフォローは重要です。商品やサービスを販売して終わるのではなく、アフターフォローをすることで今後の売上にもつながります。また、顧客と信頼関係を築けるチャンスに。

部下にもアフターフォローのメリットを話しながら、具体的な導入方法を説明するといいでしょう。商品の感想を聞いてみたり新サービスを案内してみたりと、意外とさまざまな方法を使うことができます。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。