Rubyのバージョンアップ方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けRubyのバージョンアップ方法について現役エンジニアが解説しています。Rubyで現在のバージョンを確認したり、バージョンアップするには、rbenvコマンドを使用します。最新バージョンだけではなく指定したバージョンをインストールすることが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのバージョンアップ方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyのバージョンアップ方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Rubyの現在のバージョンを確認する方法

Rubyの現在のバージョンを確認するには、ruby -vで確認できます。

teminalを開いて以下のコマンドを実行してみてください。

 

ruby -v

 
以下のようにバージョンを取得できます。(環境によって結果は異なります)

 

ruby 2.6.2p47 (2019-03-13 revision 67232) [x86_64-darwin18]

 

バージョンアップ方法

Rubyのバージョンアップをするには、rbenvを使用するのが一般的です。rbenvとは、Rubyのバージョンを管理するツールです。

今回はMacでHomebrewを使用する場合のやり方をご紹介します。
homebrewを使用してrbenvをインストールしましょう。

以下のコマンドを実行します。
 

# インストール
brew update
brew install rbenv
# 初期化処理
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

 

上の2行がインストールの処理、下の2行がrbenvの初期化処理になります。
.bash_profilenにはターミナルが起動する際に実行されるコマンドが記載されています。
下2行のコマンドによって、ターミナルの起動時に実行するコマンドを追加しています。

バージョンアップは、以下の3ステップで行います。

  1. rbenvをアップデートする
  2. rbenvから使用したいバージョンのRubyをインストールする
  3. rbenvでバージョンを切り替える

まず、rbenvをアップデートします。

Homebrewのupgradeコマンドを使用します。

 

brew upgrade rbenv

 

次に、rbenvから使用したいバージョンをインストールします。

以下のコマンドでインストールできるバージョンが表示されます。使用したいバージョンがあるかを確認しましょう。

 

rbenv install --list

 
そして、指定バージョンをインストールします。

 

rbenv install 2.6.3

 
最後に以下のコマンドでバージョンを切り替えます。

システム全体のバージョンを切り替える場合はglobal、作業しているディレクトリで使用するバージョンを変更する場合はlocalと書いて実行すると変更できます。

 

# システム全体のバージョン変更
rbenv global 2.6.3
# 一部のみバージョンを変更
rbenv local 2.6.3

 
以上がバージョン変更の方法です。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にバージョンアップをしてみよう

それでは実際にバージョンアップしてみましょう。

まず、2.6.3がインストールできるか確認します。場合はbrew upgrade rbenvでrbenvをアップデートします。

 

rbenv install --list

 
2.6.3をインストールします。

 

rbenv install 2.6.3

 
今回はlocalでバージョンを変更します。

 

rbenv local 2.6.3

 
最後にバージョンを確認します。
ruby -v でもrbenv versionでも確認できます。

 

ruby -v

 
結果は以下のようになります。

ruby 2.6.3p62 (2019-04-16 revision 67580) [x86_64-darwin18]

以上で解説を終わります。

 

監修してくれたメンター

メンター金成さん

フリーランスエンジニア。
Railsの案件を中心に、様々なアプリケーションを開発してます。

使える言語は、ruby python go 。最近はgoにハマってます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。