RubyでJSON形式のデータをハッシュへ変換する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでJSON形式のデータをハッシュへ変換する方法について現役エンジニアが解説しています。JSONはJavaScriptのオブジェクトを文字列に変換したデータのことで、パースすることによって連想配列に戻すことが出来ます。JSONモジュールのparseメソッドを使用します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyでJSON形式のデータをハッシュへ変換する方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

RubyでJSON形式のデータをハッシュへ変換する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

JSON形式とは

JSONとは、JavaScript Object Notationの略であり、テキストベースで軽量にデータ交換のできるフォーマットのことです。JavaScriptとありますが、Rubyを含め多くのプログラミング言語やシステムで使われています。

{“key”: “value”} のように、項目名と値をダブルクォーテーション(“)で囲み、コロン(:)で対応づけ、中括弧({})で閉じたものが、よくあるJSON形式のデータです。

より詳細な情報は「JSON」で検索すると出てきますので、興味のある方は調べてみてください。
 

ハッシュとは

Rubyのデータ形式の1つです。項目名と値でセットのデータ形式という部分ではJSONと同じですが、シングルクォーテーション(‘)やハッシュロケット(=>)、シンボルが使えたりする部分が異なっています。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

RubyのJSONモジュールとは

Rubyの標準ライブラリに含まれている、JSONデータを扱うことのできるモジュールです。

JSON形式のデータをハッシュに変換したり、逆にハッシュをJSON形式のデータに変換することなどができます。
 

JSON形式のデータをハッシュへ変換する方法

JSON形式のデータをハッシュへ変換するには、JSON.parseメソッドを使います。

引数として JSON形式のデータを渡すことで、ハッシュに変換されたデータが返ってきます。
 

ハッシュをJSON形式のデータへ変換する方法

ハッシュをJSON形式のデータへ変換するには、JSON.dumpメソッドを使います。

引数としてハッシュを渡すことで、JSON形式に変換されたデータが返ってきます。
 

実際に書いてみよう

JSON形式のデータをハッシュへ変換する方法

JSON.parseでJSON形式のデータをハッシュに変換してみましょう。

JSON 形式のデータはダブルクォーテーション(“)を使う必要があるので、シングルクォーテーション(‘)で定義していることに注意してください。

 

irb(main):001:0> require "json"
=> true
irb(main):002:0> json_data = '{"apple":"red","banana":"yellow","orange":"orange"}'
=> "{\"apple\":\"red\",\"banana\":\"yellow\",\"orange\":\"orange\"}"
irb(main):003:0> hash = JSON.parse(json_data)
=> {"apple"=>"red", "banana"=>"yellow", "orange"=>"orange"}
irb(main):004:0> hash["apple"]
=> "red"

 

ハッシュをJSON形式のデータへ変換する方法

今度はJSON.dumpでハッシュをJSON形式のデータに変換してみましょう。

ハッシュ内の要素をいろんな方法で定義してみましたが、全て問題なくJSON形式のデータに変換できていますね。

 

irb(main):001:0> require "json"
=> true
irb(main):002:0> hash = {"apple" => "red", :banana => "yellow", orange: "orange"}
=> {"apple"=>"red", :banana=>"yellow", :orange=>"orange"}
irb(main):003:0> json_data = JSON.dump(hash)
=> "{\"apple\":\"red\",\"banana\":\"yellow\",\"orange\":\"orange\"}"

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。