RubyのTempfileクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのTempfileクラスの使い方について現役エンジニアが解説しています。Tempfileクラスは画像などをダウンロードして一時(テンポラリ)ファイルとして扱いたい場合に便利です。また他のプロセスからはアクセスできないのでセキュリティも高くなります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyのTempfileクラスの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。
 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

RubyのTempfileクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Tempfileクラスとは

テンポラリファイル(一時的なファイル)を操作するクラスです。

画像などのダウンロードやアップロード処理の中で、一時的にファイルとして扱いたい場合などに利用できます。
 

Tempfileクラスの使い方

Tempfile.createかTempfile.openでテンポラリファイルを作成します。それぞれ少しずつ動きが違うので簡単に解説します。

Tempfile.createには、ブロックを指定できます。

ブロックを指定した場合、ブロック終了後すぐにテンポラリファイルのクローズと削除を行います。ブロック指定しない場合は、自分でクローズと削除を行う必要があります。

Tempfile.openにも、ブロックを指定できます。

ブロックを指定した場合、ブロック終了後すぐにテンポラリファイルのクローズを行いますが、ファイルの削除はガベージコレクタにより任意のタイミングで行われます。ブロック指定しない場合は、自分で削除を行うか、そうでない場合はプログラムの終了時に削除されます。

Tempfile.open でブロック指定をしていても、ファイル削除のタイミングはいつになるか分からないため、プログラムが異常終了するとテンポラリファイルの削除が行われない可能性があります。

特殊な使い方でない限りは、Tempfile.create をブロック指定で使うのが一番安心でしょう。
 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ブロック内と、ブロック終了後でテンポラリファイルの有無をチェックしてみましょう。

テンポラリファイルへの書き込みは write、読み込みは read で行います。書き込んだ内容を確認したいので、rewindでファイルポインタ(現在の読み込みや書き込み位置)を先頭に戻してから、readを行っています。

 

require "tempfile"
path = ""
Tempfile.create do |f|
  path = f.path
  puts "#{File.exist?(path)}: #{path}"
  f.write "Hello"
  f.rewind
  puts f.read
end
puts "#{File.exist?(path)}: #{path}"

 

このプログラムを実行すると、以下のような結果が出力されると思います。
ブロック終了すると、テンポラリファイルが削除されているのがわかります。

エクスプローラーやFinderでもファイルが削除されているか確認しておくとよいでしょう。

 

true: /var/folders/q4/5dj9f2w13x10zq1kzyz15d_00000gn/T/20190519-25773-s7dpld
Hello
false: /var/folders/q4/5dj9f2w13x10zq1kzyz15d_00000gn/T/20190519-25773-s7dpld

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。