PythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものは?現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものについて現役エンジニアが解説しています。IDEにはテキストエディタにはないコード補完やテスト、バージョン管理などが機能としてあります。有償から無償のものまであります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものについて解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

IDEとは

IDEとは、Integrated Development Environmentの略で、日本語では統合開発環境です。

ソフトウェア開発では、コーディング、コンパイル、リンク、テスト、バージョン管理といった複数の作業を繰り返し行います。

IDEを使うことで、一つのソフトウェアでこれらの操作を行うことができ、ソフトウェア開発の効率や品質が向上します。

最近では拡張機能(プラグイン)を用いて、後から対応言語や機能を増やせるものが一般的です。

 

PythonでのIDEにはどんなものがある?

PyCharm

PyCharmはJetBrainsの販売している、有償のPython向けIDEです。

PyCharmはコーディングをインテリジェントに補佐することをうたっています。
例えば、コード補完、検査、リアルタイムでのエラー指摘や修正、自動リファクタリングといった機能を持ちます。

 

PyScripter

PyScripterはフリー、オープンソースのPython向けIDEです。

有償のIDEに匹敵する機能の提供を目指しています。
機能豊富かつ無償のため、最初に試すPython向けIDEとして良い選択肢です。

 

Atom

AtomはIDEというよりはエディタで、パッケージによる機能拡張を特徴にしています。
パッケージにより、Pythonに限らず多数の言語に対応しています。

複数のプログラミンング言語を使い分ける場合、エディタをAtomで統一するのは一つの有効な手段です。
以下でPythonのコーディングに便利なパッケージを紹介します。

atom-runner
Atom内でスクリプトを実行できます。Pythonの他、JavaScriptやRubyにも対応しています。

autocomplete-python
Pythonスクリプトのコーディングで自動補完を行います。変数、クラス、パッケージ名などのタイピングが楽になります。

atom-beautify
プログラミング言語の構文にもとづき、コードを自動整形します。カッコの対応やインデントの間違いを見つけやすくなります。

 

Microsoft Visual Studio

Microsoft Visual StudioはMicrosoft社の提供するIDEです。有償のProfessional, Enterprise版と、無償のCommunity版があります。

Pythonだけでなく、C++, C#, Visual Basicでのコーディングなどにも対応しています。
Visual Studioは巨大な製品群のため、Pythonのコーディングのみが目的ならば、Visual Studio Codeもお勧めです。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonでの開発の際にIDEを選ぶポイント

会社(業務)で開発する際には、会社、部署、所属のプロジェクトなどで、IDEが規定されている場合があります。
規定されていない場合も、周囲に特定のIDEユーザが多いようであれば、そのIDEを選択しておくのが無難です。

IDEごとにソースコード整形の規則が異なるため、別のIDEを使うと可読性を損なうケースがあります。
また、IDEの利用方法で困った際に、周囲のサポートを受けやすいという面もあります。

一方、個人で開発する際には、捻出できる費用も限られがちなので、まずは無償のIDEをいくつか試してみることを勧めます。

開発するプログラムの性質や、個人の趣向により、IDEの向き不向きがあります。
そのIDEをしばらく使ってみて、合うならば継続すればよいでしょう。

合わなかったり機能不足を感じたりするならば、別の無償IDEを試すか、有償IDEの購入を検討してみてはどうでしょうか。
 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。