PythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものは?現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものについて現役エンジニアが解説しています。IDEにはテキストエディタにはないコード補完やテスト、バージョン管理などが機能としてあります。有償から無償のものまであります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものについて解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonのIDE(統合開発環境)でオススメなものについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

IDEとは

IDEとは、Integrated Development Environmentの略で、日本語では統合開発環境です。

ソフトウェア開発では、コーディング、コンパイル、リンク、テスト、バージョン管理といった複数の作業を繰り返し行います。

IDEを使うことで、一つのソフトウェアでこれらの操作を行うことができ、ソフトウェア開発の効率や品質が向上します。

最近では拡張機能(プラグイン)を用いて、後から対応言語や機能を増やせるものが一般的です。

 

PythonでのIDEにはどんなものがある?

PyCharm

PyCharmはJetBrainsの販売している、有償のPython向けIDEです。

PyCharmはコーディングをインテリジェントに補佐することをうたっています。
例えば、コード補完、検査、リアルタイムでのエラー指摘や修正、自動リファクタリングといった機能を持ちます。

 

PyScripter

PyScripterはフリー、オープンソースのPython向けIDEです。

有償のIDEに匹敵する機能の提供を目指しています。
機能豊富かつ無償のため、最初に試すPython向けIDEとして良い選択肢です。

 

Atom

AtomはIDEというよりはエディタで、パッケージによる機能拡張を特徴にしています。
パッケージにより、Pythonに限らず多数の言語に対応しています。

複数のプログラミンング言語を使い分ける場合、エディタをAtomで統一するのは一つの有効な手段です。
以下でPythonのコーディングに便利なパッケージを紹介します。

atom-runner
Atom内でスクリプトを実行できます。Pythonの他、JavaScriptやRubyにも対応しています。

autocomplete-python
Pythonスクリプトのコーディングで自動補完を行います。変数、クラス、パッケージ名などのタイピングが楽になります。

atom-beautify
プログラミング言語の構文にもとづき、コードを自動整形します。カッコの対応やインデントの間違いを見つけやすくなります。

 

Microsoft Visual Studio

Microsoft Visual StudioはMicrosoft社の提供するIDEです。有償のProfessional, Enterprise版と、無償のCommunity版があります。

Pythonだけでなく、C++, C#, Visual Basicでのコーディングなどにも対応しています。
Visual Studioは巨大な製品群のため、Pythonのコーディングのみが目的ならば、Visual Studio Codeもお勧めです。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonでの開発の際にIDEを選ぶポイント

会社(業務)で開発する際には、会社、部署、所属のプロジェクトなどで、IDEが規定されている場合があります。
規定されていない場合も、周囲に特定のIDEユーザが多いようであれば、そのIDEを選択しておくのが無難です。

IDEごとにソースコード整形の規則が異なるため、別のIDEを使うと可読性を損なうケースがあります。
また、IDEの利用方法で困った際に、周囲のサポートを受けやすいという面もあります。

一方、個人で開発する際には、捻出できる費用も限られがちなので、まずは無償のIDEをいくつか試してみることを勧めます。

開発するプログラムの性質や、個人の趣向により、IDEの向き不向きがあります。
そのIDEをしばらく使ってみて、合うならば継続すればよいでしょう。

合わなかったり機能不足を感じたりするならば、別の無償IDEを試すか、有償IDEの購入を検討してみてはどうでしょうか。
 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。