Railsのseedでデータベースに初期データを投入する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRailsのseedでデータベースに初期データを投入する方法について現役エンジニアが解説しています。テストの時などに初期データが必要になるケースがあり、その際にseedファイルを利用します。Railsでは、seedに入れておきたいデータをdb/seeds.rbに記述していきます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Railsのseedでデータベースに初期データを投入する方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Railsのseedでデータベースに初期データを投入する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

seedとは

Railsでデータベースに初期データを投入するためのタスクになります。

※一般的にデータベースに初期データを投入することを、data seedingやdatabase seedingなどと言います。

seedでデータベースに初期データを投入

seedタスクでデータベースに初期データを投入するには、以下の2つの手順が必要です。

  1. db/seeds.rbの編集
  2. rails db:seedの実行

順番に見ていきましょう。

db/seeds.rbの編集

createやnew&saveなど、Railsで普段使っているメソッドでデータを作成できます。アソシエーションしているデータも、newやbuildなどが使えます。必要なデータの分だけ書いていきましょう。

 

user = User.create(name: "User Name")
user.articles.build(title: "My article")
user.save

 

rails db:seedの実行

db/seeds.rbを編集後、rails db:seedコマンドを実行することで初期データが投入されます。

1点注意が必要なのですが、rails db:seedコマンドはdb/seeds.rbを実行しているだけなので、データの重複を考慮していないコードの場合、実行した回数分だけデータが投入されます。

データの一意性を保つ必要がある場合には、すでにデータが無いかをチェックする、find_or_create_byを使うなどの対策が必要になります。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

以下のような UserモデルとArticleモデルに対して、seedで初期データを投入してみます。

 

# timestampは割愛してます
ActiveRecord::Schema.define(version: 2019_06_09_055553) do
  create_table "users", force: :cascade do |t|
    t.string "name"
  end
  create_table "articles", force: :cascade do |t|
    t.integer "user_id"
    t.string "title"
  end
end

 

db/seeds.rbの編集

まずは db/seeds.rbを編集しましょう。

 

# 1件ずつ作成
User.create(name: "kenji")
User.create(name: "taro")
# 配列でまとめて作成
users = User.create([{name: "hanako"}, {name: "misa"}])
# ループでまとめて作成
3.times do |i|
  Article.create(user_id: User.find(i+1).id, title: "Star Wars #{i+1}")
end

 

rails db:seedの実行

続いてrails db:seedコマンドを実行しましょう。コマンドが成功した場合は、特に何も表示されません。

 

$ rails db:seed

 

データの確認

正しくデータが投入されているか確認してみましょう。

 

$ rails console
Running via Spring preloader in process 70676
Loading development environment (Rails 5.2.3)
irb(main):001:0> User.all.each{|user| puts user.name}
  User Load (1.8ms) SELECT "users".* FROM "users"
kenji
taro
hanako
misa
=> [#<User id: 1, name: "kenji", age: nil, created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">,
#<User id: 2, name: "taro", age: nil, created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">, 
#<User id: 3, name: "hanako", age: nil, created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">, 
#<User id: 4, name: "misa", age: nil, created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">]
irb(main):002:0> Article.all.each{|article| puts article.user_id, article.title}
  Article Load (0.6ms) SELECT "articles".* FROM "articles"
1
Star Wars 1
2
Star Wars 2
3
Star Wars 3
=> [#<Article id: 1, user_id: 1, title: "Star Wars 1", created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">, 
#<Article id: 2, user_id: 2, title: "Star Wars 2", created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">, 
#<Article id: 3, user_id: 3, title: "Star Wars 3", created_at: "2019-06-09 05:58:54", updated_at: "2019-06-09 05:58:54">]

 

筆者プロフィール

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。