JavaのLinkedHashMapクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのLinkedHashMapクラスの使い方について解説しています。LinkedHashMapクラスの特徴やHashMapとの違い、基本の書き方と処理の流れを実際に書いて確認してみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaのLinkedHashMapクラスの使い方について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

LinkedHashMapクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

LinkedHashMapクラスとは

LinkedHashMapクラスには以下の特徴があります。

  • キーとバリューのペアで要素を保持する
  • キーの重複を許可しない。 ※キーが別であればバリューの重複は構わない
  • nullをキーやバリューとすることができる
  • 要素が格納された順番を保持している

LinkedHashMapクラスはHashMapクラスと同じように、情報をキーとバリューのペアで格納して使います。尚、LinkedHashMapクラスはHashMapクラスを継承している為HashMapクラスが持つ機能を持っています。

違いは、HashMapクラスが要素を順番を保障しないのに対し、LinkedHashMapクラスは格納された順番を保持している点です。

 

LinkedHashMapクラスの使い方

要素の追加には以下のメソッドを使います。

public V put(K key,V value)

これはjava.util.HashMapクラスで実装されているメソッドです。サブクラスであるLinkedHashMapクラスも同じメソッドで要素追加を行います。

要素の取得には以下のメソッドを使います。

public V get(Object key)

引数で指定したオブジェクトをキーに持つバリューを返却します。キーがLinkedHashMap内に存在しなければ、nullを返却します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

LinkedHashMapオブジェクトに対し要素の追加を行い、追加した要素を取得します。又、nullが要素として格納できることの確認と、格納済のキーは格納できないことを確認します。

 

import java.util.LinkedHashMap;

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    LinkedHashMap<Integer, String> lHMap = new LinkedHashMap<>();

    //要素の追加
    lHMap.put(1, "東京");
    lHMap.put(2, "大阪");
    lHMap.put(3, "名古屋");
    lHMap.put(4, "福岡");
    lHMap.put(5, "仙台");

    //要素を表示
    System.out.println(lHMap);



    //要素の取得と表示
    System.out.println("キー" + 2 + "に紐づくバリューは" + lHMap.get(2) + "です。");

    //要素の取得と表示 ※存在しないキーを表示
    System.out.println("キー" + 6 + "に紐づくバリューは" + lHMap.get(6) + "です。");

    //nullを追加
    lHMap.put(null,null);

    //要素を表示
    System.out.println(lHMap);



    //既に存在するキーを追加
    System.out.println(lHMap.put(2,"金沢"));

    //要素を表示
    System.out.println(lHMap);



  }
}

 

実行結果は

{1=東京, 2=大阪, 3=名古屋, 4=福岡, 5=仙台}
キー2に紐づくバリューは大阪です。
キー6に紐づくバリューはnullです。
{1=東京, 2=大阪, 3=名古屋, 4=福岡, 5=仙台, null=null}
大阪
{1=東京, 2=金沢, 3=名古屋, 4=福岡, 5=仙台, null=null}

となります。

下記コードで5つの要素を追加した後

lHMap.put(1, "東京");
lHMap.put(2, "大阪");
lHMap.put(3, "名古屋");
lHMap.put(4, "福岡");
lHMap.put(5, "仙台");

lHMap.get(2)

でキー2に紐づくバリューを取得します。

“大阪”が取得できることを確認します。

lHMap.get(6)

では存在しないキー6を指定していますが、取得結果はnullとなります。既に存在するキー2を指定してバリュー”金沢”を追加します。

lHMap.put(2,"金沢")

“金沢”の追加は行われません。又、lHMap.put(2,”金沢”)の戻り値として、既にキー2と共に追加されているバリューである”大阪”が返却されています。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。