JavaのHashtableクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのHashtableクラスの使い方について解説しています。Hashtableクラスの特徴とHashMapクラスとの違い、基本の使い方を実際に書いて学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaのHashtableクラスの使い方について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Hashtableクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Hashtableクラスとは

HashTableはHashMapと同じようにキーとバリュー(値)を対で管理します。HashTableとHashMapは似た特徴を持っていますが、以下の違いがあります。

HashMap

HashMapではキーとしてnullを使うことができ、またバリューをnullとすることもできますがHashTableではnullをキーおよびバリューに指定することはできません。

HashTableのキーとなるオブジェクトは、hashCodeメソッドやequalsメソッドを実装している必要があります。

オブジェクトではないnullはこれらのメソッドを実装することが出来ず、キーとすることができません。
HashMapはHashTableの後に作成され、nullをキーとすることができるようされています。

HashTable

HashTableはスレッドセーフですが、HashMapはスレッドセーフではありません。スレッドセーフとは、同時に複数のスレッド(処理)からアクセスされた際に正しく動作するということです。

スレッドセーフでないHashMapを複数スレッドで利用するような実装をすると、実行環境によりメモリリーク、デッドロック、機能不全といった不具合が発生する可能性があります。

HashTableとHashMapは、配列に線形リストを格納した内部構造になっています。キーで指定した値のハッシュ値を配列のサイズで割った剰余で配列のインデクスが決まり、同じインデクスとなるキーバリューが線形リストで格納されています。

線形リストは次要素へのリンクを保持することで非連続な領域にデータを格納することを可能としています。要素の追加によってリンクの付け替えが行われますが、このリンクの付け替えを複数のスレッドが同時に行うことで、非同期のHashMapはリンクの相互参照により無限ループが発生することがあるのです。

そのため、HashMapを複数スレッドで利用したい場合はプログラマが同期処理を組む必要があります。
HashTableは内部で同期処理が行われる為、上記のような問題はありません。

一般的に、同期処理が求められなようなケースではHashMapの利用が推奨されています。

 

Hashtableクラスの使い方

java.util.Hashtableクラスをインポートして利用します。インスタンス化の方法はHashMapと同じです。また、putメソッドによる値の追加、getメソッドによるバリューの取得ができる点もHashMapと同じです。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

import java.util.Hashtable;

public class Sample {

  public static void main(String[] args) throws InterruptedException {

    //インスタンス化
    Hashtable<Integer, String> ht = new Hashtable<Integer, String>();

    //キー、バリューの追加
    ht.put(1, "ロンドン");
    ht.put(2, "アムステルダム");
    ht.put(3, "ベルリン");

    //追加済みのキー2に対し別のバリューを設定する
    ht.put(2, "ダブリン");

    //Hashtableからキーを取り出し、各キーに紐づくバリューとともに表示する
    for (Integer key : ht.keySet()) {
      System.out.println("キー:" + key + " バリュー:" + ht.get(key));
    }
  }

}

実行結果は

キー:3 バリュー:ベルリン
キー:2 バリュー:ダブリン
キー:1 バリュー:ロンドン

となります。

キー2を指定したバリューの追加は2度行われていますが、後から追加した”ダブリン”で、最初のバリュー”アムステルダム”が上書きされています。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。