Railsのimage_pathの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRailsのimage_pathの使い方について現役エンジニアが解説しています。image_pathとは、画像を保存したディレクトリへのパスを生成するヘルパーメソッドです。引数へのパスの書き方によって参照されるフォルダが変わるので注意しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Railsのimage_pathの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Railsのimage_pathの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

image_pathとは

image_pathとは、画像を保存したディレクトリへのパスを生成するヘルパーメソッドです。

app/assets/imagesに保存した画像へのパスを確認したり、publicフォルダーに保存した画像へのパスを確認するなどに使用できます。

似たヘルパーメソッドに、image_tagがあります。こちらは、表示したい画像へのパスを渡すことで、imgタグを生成するヘルパーです。画像を表示する場合はこちらを使用します。

image_pathの使い方

image_pathは引数として、画像へのパスを使用します。以下のように記述して使用できます。

<%= image_path(画像へのパス) %>

 

画像へのパスは、/から始めるか、/なしで始めるかで参照する画像のディレクトリが変わります。例えば、”/sample.jpg”とパスを指定した場合、publicフォルダの画像を参照します。

<%= image_path("/sample.jpg") %>

 

/なしで”sample.jng”とパスを指定した場合、app/assets/imagesフォルダの画像を参照します。

<%= image_path("sample.jpg") %>

 

この方法でimage_pathを使用すると、ファイル名にフィンガープリント(ファイルが同じかどうかを判別するための値)が挿入されます。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

image_pathで画像へのパスを取得してみよう

それでは実際に使って見ましょう。

まずは、参照先の画像ファイルをapp/assets/imagesフォルダと、publicフォルダにおきます。できたら、以下のコードを書いて、画像のパスが表示できているか確認しましょう。

<%= image_path("/sample.jpg") %>
<%= image_path("sample.jpg") %>

 

viewでは以下が表示されます。

/sample.jpg
/assets/sample-5f778e9da4c87df7b4b5cd2bd07f11088526d14a2bf24126cbe761a98113add0.jpg

 

以上で解説を終わります。

 

筆者プロフィール

メンター金成さん

フリーランスエンジニア。
Railsの案件を中心に、様々なアプリケーションを開発してます。

使える言語は、ruby python go 。最近はgoにハマってます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。