Javaの基本データ型について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaの基本データ型について解説しています。ここではJavaの8種類の基本データ型と、それぞれが扱うデータの範囲について説明します。ぜひ覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaの基本データ型について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

基本データ型について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

基本データ型とは

Javaでは、データを扱う型として基本データ型と参照型というものが存在します。基本データ型はメモリ領域に決められた分のサイズを使って、情報を保持します。

例えば基本データ型であるbyte型は8bitの領域を使います。1bitは2進数1桁、つまり0か1のどちらかです。8bitの領域の領域を使って数値の4を保持すると以下のようになります

00000100
byte b = 4;

この1行はbyte型の変数bを用意して4を代入していますが詳しく見ると、メモリ上に8bitの領域を確保しそれをbという名前で管理する。8bitの領域の内容を00000100とする、ということが行われています。

 

Javaの基本データ型の種類

このような仕組みで利用できるデータ型がjavaには8つ存在します。

  • boolean型(1bit)
  • byte型(8bit)
  • char型(16bit)
  • short型(16bit)
  • int型(32bit)
  • float型(32bit)
  • long型(64bit)
  • double型(64bit)

boolean型はfalseまたはtrueの2通りの値を保持することができます。byte型、short型、int型、long型は整数値を保持します。保持できる範囲はそれぞれ

  • byte型 -128~127
  • short型 -32768~32767
  • int型 -2147483648~2147483647
  • long型 -9223372036854775808~9223372036854775807

です。尚最大値を超える値を格納してしまった場合はオーバーフローと呼ばれる現象がおきます。

例えば最大値にさらに1を加算すると値は最小値となってしまいます。逆に最小値から1減算すると値は最大値になります。

float型とdouble型は浮動小数点型と呼ばれ、格納する値の小数点の位置が移動します。有効桁数はfloat型が約6~7桁、double型が15桁です。

最後にchar型は一つの文字を扱う型です。JavaはUnicodeという文字コードで、文字を数値で扱えるようになっています。Unicode文字は0~65535で表現できます。たとえば「あ」という文字は12354です。

各データ型の変数を定義するときは下記のように記述します。

データ型名 識別子;

どの型を使う場合でも共通です。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。