JavaScriptのsuperで親クラスを呼び出す方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptのsuperで親クラスを呼び出す方法について現役エンジニアが解説しています。superは親クラスからクラスのパラメータやメソッドを呼び出すのに使用するものです。extendsで親クラスを継承し、superを使用して親クラスを呼び出します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaScriptのsuperで親クラスを呼び出す方法について解説します。実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaSriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptのsuperで親クラスを呼び出す方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

JavaScriptでのクラスの定義

クラスはES2015から追加された、プロトタイプベース継承の糖衣構文(シンタックスシュガー、機能は同じまま書きやすい構文にしたもの)です。

そもそもJavaScriptは一般的なオブジェクト指向の言語と違い、プロトタイプベースの言語になります。クラスが存在せず、関数でクラスに似たものを作って書かれています。

つまり、JavaScriptのクラスはJavaScriptのプロトタイプベースの書き方を他のクラスベースのオブジェクト指向言語のようにかけるようにしたものです。

基本的な書き方は以下の通りです。

class Person {
 constructor(name,age) {
  this.name = name;
  this.age = age
 }

 speak() {
  console.log("Hello")
 }
}

var p = new Person("Taro",20)
console.log(p.name) // => "Taro"
console.log(p.age) // => 20
p.speak() // => "Hello"

 

superとは

superは親クラスからクラスのパラメータやメソッドを呼び出すのに使用するものです。

コンストラクタで親クラスのパラメーターを引き継いだり、メソッドを引き継ぐのに使用します。

 

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

superで親クラス(スーパークラス)を呼び出す方法

superで親クラス(スーパークラス)を呼び出すには、2ステップ必要です。まず、extendsで親クラスを継承します。その後でsuperを使用して親クラスを呼び出します。

具体的には以下のようになります。

class Animal {
 constructor(name){
   this.name = name
 }
 bark() {
  console.log("grrr") 
 }
}

// Animalクラスを継承
class Dog extends Animal {
 constructor(name){
  // 親クラスAnimalのパラメータnameを呼び出す
  super(name)
  }

 bark() {
 // 親クラスのbarkメソッドを呼ぶ
  super.bark()
  console.log("baw baw!")
 }
}

 

実際に書いてみよう

それでは先ほどのAnimalとDogクラスを使用して、動作を確認してみましょう。

以下のようにAnimalクラス、Animalクラスを継承したDogクラスを書きます。(先ほどと同じです。)

class Animal {
 constructor(name){
  this.name = name
 }
 bark() {
  console.log("grrr") 
 }
}

// Animalクラスを継承
class Dog extends Animal {
 constructor(name){
 // 親クラスAnimalのパラメータnameを呼び出す
  super(name)
 }

 bark() {
 // 親クラスのbarkメソッドを呼ぶ
  super.bark()
  console.log("baw baw!")
 }
}

クラスを呼び出す時は、newをつけて書きます。newをつけ忘れるとthisの指すスコープが変わるので注意してください。

var animal = new Animal("sample")
console.log(animal.name) // => "sample"
animal.bark() // => "grrr"

var dog = new Dog("Tama")
console.log(dog.name) // => "tama"
dog.bark() 
// => "grrr" ,"baw baw!"

以上で解説を終わります。

 

筆者プロフィール

メンター金成さん

2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社。

未経験ながら、社内システム保守~新規受注システム開発まで携わり、JavaScript Ruby on Rails PostgreSQLなどの経験を積む。

現在も、開発案件に携わりながら、日々勉強中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

また、TechAcademyではJavaScriptを使ってWebサービスを公開できるオンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)を開催しています。

プログラミングの初心者でも受講可能です。Webサイトの表現の幅を広げたいという方はぜひご覧ください。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。