WordPressで固定ページにテンプレートを適用する方法【初心者向け】

WordPress(ワードプレス)で【固定ページにテンプレートを適用する方法】を初心者向けに解説した記事です。WordPressのテーマによっては、固定ページを簡単にカスタマイズすることができます。また、ウィジェットも使うことが可能です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

WordPressでは、通常の記事投稿の他に固定ページを設定することができます。

さらに、使用しているテーマによっては、固定ページのテンプレートが選択できるため、よりオリジナリティのあるページ作成ができます。

 

テンプレートとは、作成した固定ページをどのように表示するかを決めるもので、同じ内容であってもテンプレートを活用することで、見え方を簡単に変更することができます。

今回は、Twenty Twelve のテーマを用いた例を説明します。このテーマには、「デフォルトテンプレート」のほか、「フロントページテンプレート」「全般ページテンプレート」が存在します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

大石ゆかり

田島メンター!!今使っているテーマが固定ページのテンプレートに対応しているようなんですけど、どうやったらいいんですか〜?

田島悠介

固定ページのテンプレートを変更して、カスタマイズするんだ。手順を踏めば簡単だから、一緒にやってみようか?

大石ゆかり

はい、お願いします♪

 

固定ページのテンプレートを変更する

新規作成したページでも、既存のページでも、設定方法は同じです。

今回は、あらかじめ作成してあるページを変更してみます。

 

変更する前の固定ページは、こちらです。

変更前のページ

 

まずは、該当ページの編集画面を開いてください。

記事エリアの右側に、ページ属性エリアがあります。

全般ページテンプレート

そこにテンプレートを選択するプルダウンがありますので、「全般ページテンプレート」を選択してページを更新します。

これだけで、テンプレートの変更は完了です。

 

ページの表示を確認してみましょう。

ページ確認

サイドバーがなくなっていることがわかります。

白紙ページがほしい時などに使えますね。

 

 

テンプレートを簡単にカスタマイズする

選べるテンプレートの中で、「フロントページテンプレート」を選択してみましょう。

選択したら、「更新」ボタンを押します。

フロントページテンプレート

 

この、フロントページエリアに表示するものは、自分で好きに選択することができます。

ダッシュボード>外観>ウィジェット から、
ウィジェット編集画面を開いてみてください。

WordPressでウィジェットを編集編集する方法はこちらをご覧ください

 

「フロントページウィジェットエリア」という場所があります。

ここに、左側のウィジェットエリアから、追加したいものをドラック&ドロップしてください。

今回は、固定ページの一覧を表示するようにしてみます。

フロントページウィジェットエリア

 

すると、ページ下部に、固定ページの一覧が出力されました。

固定ページ一覧

使用するウィジェットによって、簡単なサイトマップやリンク集を追加して、訪問者にとってわかりやすいページを作ることができたり、カレンダーを表示したり、形テキストを表示したりと、様々な表現が可能になります。

固定ページで記事を作ることが多い場合は、ぜひ活用してみてください。

 

さらにWordPressをカスタマイズしたい場合は、WordPressでソーシャルボタンを追加する方法も合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

簡単にカスタマイズできるんですね♪

田島悠介

そうだね。わかりやすいページだったり多機能ページだったり様々なサイトを作れるから、色々試してみると良いと思うよ♪

大石ゆかり

はい、わかりました♪

 

[お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。