Javaにおける画像処理の方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaにおける画像処理について解説しています。画像の処理にはjavax.imageio.ImageIOクラスを使用します。画像の形式をpngに変換する例を見ながら扱い方を学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaにおける画像処理について解説します。実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

画像処理について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Javaにおける画像処理

Javaで画像処理を行う場合、javax.imageio.ImageIOクラスを利用します。

 

ImageIOクラスとは

javax.imageio.ImageIOクラスは標準で提供されているjavaのライブラリで、プログラムではimportを行ってから使用します。

ファイルからの画像読込、画像のファイル書き出し、といった機能が用意されています。書き出し時にjpg、gif、pngといった画像ファイル形式を指定することでその形式でファイルを出力する事が出来るためjpgファイルをpngファイルに変換する、といった処理も可能です。

ファイルから読み込んだ画像データはBufferedImageクラスのオブジェクトとして操作されます。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

BufferedImageクラスとは

java.awt.image.BufferedImageクラスは画像を構成するピクセル情報等を保持しています。画像処理を行う場合はこのBufferedImageクラスオブジェクトに対し変更を加えていきます。

 

実際に書いてみよう

bmp形式の画像をpng形式に変換するプログラムです。プログラム中の入力ファイルと出力ファイルの名前やパスは環境に合わせて変更してください。

 

import java.awt.image.BufferedImage;
import java.io.File;
import javax.imageio.ImageIO;

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

 

    // 入力ファイル
    String inputname = "入力ファイル.bmp";

    // 出力ファイル
    String outputname = "出力ファイル.png";

    try {

      //入力ファイルから画像データを読み込み
      //BufferedImageオブジェクトとする
      BufferedImage bImage = ImageIO.read(new File(inputname));

      //BufferedImageオブジェクトを出力ファイルにpng形式で書き出し
      ImageIO.write(bImage, "png", new File(outputname));

    } catch (Exception e) {

      // ファイルの入出力でエラーになった場合
      e.printStackTrace();

    }

  }

}

 

上記プログラムを実行すると、入力ファイル.bmpがあるのと同じディレクトリに出力ファイル.pngが作成されます。出力ファイルが問題なく開けることを確認しましょう。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。