Javaのクラスファイルの実行を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのクラスファイルの実行について解説しています。クラスはJavaを扱う上で欠かせない概念になります。まずクラスとは、コンパイルとは何かについて学習します。次にクラスファイルの実行の方法について、実際の例を見ながら練習していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaのクラスファイルの実行について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

クラスファイルの実行について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

class(クラス)とは

javaはオブジェクト指向に基づくプログラミング言語です。javaにおいては全てがはclassと、そのオブジェクトによって構成されています。そしてclassの中には、メソッドと、クラスのフィールドを持つ構造になっています。

Javaクラスの構造実生活と比較し、一台の車が一つのオブジェクトであるとします。するとその車は「重量」や「車体の色」といった自身の情報を持ち、これらがクラスフィールドにあたります。

対してメソッドは「前進」「停止」といった機能にあたります。クラスはオブジェクトの設計図にあたります。javaではクラスで定義する構造に基づいたオブジェクトを生成して利用します。

クラスを定義するにはclassを使用します。以下はSampleという名前のクラスです。Sampleクラスはaというint型のフィールドを保有します。

public class Sample {
  int a = 100;
}

 

コンパイルとは

プログラムがメモリにロードされ、最終的にCPUによって実行されます。CPUは情報を0と1から成る2進数で扱います。そのためCPUが解釈できるようプログラムのソースを2進数に変換する必要があります。この変換の過程をコンパイルと言い、変換するためのツールをコンパイラと呼びます。

Javaは実行環境であるJVMがCPUに処理を実行させる構造になっています。JVMはソースコードからコンパイルによって生成したクラスファイルと呼ばれるファイルを読み込みます。クラスファイルは2進数8ビットのバイトストリームで構成されています。javaにおいてコンパイルは以下のコマンドで実施することができます。

javac コンパイルしたいプログラムのファイル名.javaのコマンドを実行するとクラスファイルが作成されます。これで実行の準備が整いました。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

クラスファイルの実行

コンパイルで生成したクラスファイルは以下のコマンドで実行します。

java コンパイルしたいプログラムのファイル名

実行コマンドでは拡張子は不要であることに注意して下さい。

 

実際に書いてみよう

コンソール出力を行うクラスについてコンパイルと実行を行います。
プログラムは下記です。

public class Sample {

  public static void main(String[] args) {

    System.out.println("Sampleクラスが実行されました");
  }
}

コンパイルは以下のコマンドで行います。

javac Sample.java

コマンド実行後にSample.classというクラスファイルが作成されていることを確認します。

続いて以下のコマンドで実行します。

java Sample

実行すると、コンソールに

Sampleクラスが実行されました

が出力されます。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。