JavaのBigIntegerクラスの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

JavaのBigIntegerクラスの使い方について解説しています。これは基本のデータ型で扱えないような大きな値に使用されるものです。BigIntegerの使い方と書き方の例についてサンプルコードで確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

JavaのBigIntegerクラスの使い方について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

BigIntegerクラスの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

BigIntegerクラスとは

BigIntegerクラスはJavaで数学的な処理をする際に、扱う数値がプリミティブデータ型では扱えない程大きい場合に利用します。プリミティブデータ型のlongの最大値は9223372036854775807です。

例えば100の階乗(100×99×98…×3×2×1)は158桁にもおよび、このような値は巨大すぎてそれを格納できるプリミティブデータ型がありません。プリミティブデータ型には格納することができませんが、BigIntegerクラスには格納することができます。

情報を格納するためのメモリは動的に割り当てられるため、論理的にはBigIntegerクラスに格納できる値に上限はなく、精度は任意です。

 

BigIntegerクラスの使い方

BigIntegerクラスはjava.mathパッケージに属しており、java.lang.Mathクラスが提供するメソッドと同等のものを提供しています。

代表的なものは以下です。

  • add(BigInteger val)メソッド:加算処理を行います
  • subtract(BigInteger val)メソッド:減算処理を行います
  • multiply(BigInteger val):乗算処理を行います
  • divide(BigInteger val)メソッド:除算処理を行います

また、基本データ型への変換メソッドも提供されています。intValue()メソッドはBigIntegerクラスの値をint型へした変換値を返却します。

そしてintに変換する際に桁落ちなどで失われた情報がないかどうかを確認するのがintValueExact()メソッドです。int型の範囲から外れている場合は、ArithmeticExceptionを返却します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

100の階乗を計算するプログラムです。

import java.math.BigInteger;

public class Sample {

  public static void main(String args[]) throws Exception {
    int N = 100;
    System.out.println(kaijyou(N));

  }

  // 引数の階乗を計算して返却する
  static BigInteger kaijyou(int num) {

    // 結果を格納する変数(1を格納)
    BigInteger result = BigInteger.ONE;

    // 2から順にnumまで掛ける
    for (int i = 2; i <= num; i++) {
      result = result.multiply(BigInteger.valueOf(i));

    }

    return result;
  }

}

multiplyメソッドで乗算を行います。実行結果は

93326215443944152681699238856266700490715968264381621468592963895217599993229915608941463976156518286253697920827223758251185210916864000000000000000000000000

となります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。