PHPでvar_dumpの結果を文字列として出力する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPでvar_dumpの結果を文字列として出力する方法について解説しています。var_dump()はPHPの関数で、変数や配列の中の値を確認するときに使います。変数や配列などをvar_dumpを使って表示させてみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPでvar_dumpの結果を文字列として出力する方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでvar_dumpの結果を文字列として出力する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

var_dump()とは

var_dump()とはPHPの関数のひとつで、変数や配列の中の値を確認するときに使います。

Webサイトを開発していると、今使っている変数や配列の中に、意図した値が入っているのかを確認しながら進めていく必要があります。そのような場合に、var_dump()関数を使います。

実際に使い方を説明していきます。

PHPの公式マニュアルはこちら。

実際に書いてみよう

まずは数字(整数)が入っている変数をvar_dump()で表示してみます。

<?php
 $data = 100;
 var_dump($data);
?>

 

こちらの実行結果はint(100)となります。intは、変数の中身が整数型であることを表し、()の中の100が変数の中の値を表しています。次に文字列が入っている変数をvar_dump()で表示してみます。

 

<?php
 $data = "test";
 var_dump($data);
?>

こちらの実行結果はstring(4) “test”となります。

stringは変数の中身が文字列であることを表し、()の中はバイト数を表しています。今回は4文字の半角数字が入ってるので、4と表示されています。

次に配列が入っている変数をvar_dump()で表示してみます。

<?php
 $data = [ "one", "two", "three", "four"];
 var_dump($data);
?>

こちらの実行結果は、

array(4) { [0] => string(3) "one" [1] => string(3) "two" [2] => string(5) => "three" [3] => string(4) => "four"}

となります。

arrayは変数の中身が配列であることを表し、()の中には配列の中の要素の数が表示されています。

今回は、4つの文字列が格納されているので、4と表示されています。そして配列の中のそれぞれのキーと値が、先程var_dumpを使ったときと同じように、型やバイト数の後に表示されています。

このように、var_dump()を使えば、変数の中身に何が格納されているのかを、簡単に確認することができます。ぜひ使い方を覚えて、デバッグをする時などに使ってみましょう。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。