PHPで配列から値を検索する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで配列から値を検索する方法について解説しています。特定の値があるかどうかを調べるために、PHPではarray_searchやin_arrayなどの関数が用意されています。二つの関数は、配列に値があるかどうか、値がある配列の場所も返してくれるかどうかが違います。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPで配列から値を検索する方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで配列から値を検索する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

PHPで配列から値を検索するには?

配列の中に特定の値が入っているかどうかを検索するために、PHPではarray_searchやin_arrayなどの関数が用意されています。

これらの関数の使い方を見ていくとともに、2つの関数の違いについても説明していきます。

array_searchとは

array_searchは、配列の中から値を検索してくれる関数で、指定した値を配列で検索し、見つかった場合に対応する最初のキーを返すものです。

第一引数には、検索したい値を指定し、第二引数では、検索対象となる配列名、第三引数は省略可能ですが、指定すると、型の比較まで行ってくれます。

in_arrayとは

in_arrayとは、配列の中から値を検索してくれる関数で、配列に値があるかチェックし、値があればtrue、なければfalseをかえしてくれます。

使い方は先程のarray_searchと同じで、第一引数には、検索したい値を指定し、第二引数では、検索対象となる配列名、第三引数は省略可能ですが、指定すると、型の比較まで行ってくれます。

先程のarray_searchは配列のどこに値があったかを返却してくれるのに対して、in_arrayはあるかないかのみを返却してくれます。

実際に書いてみよう

ではまずはarray_searchから実行してみます。

<?php
  $array = [ "one", "two", "three", "four"];
  $result = array_search("one", $array);
  print_r($result);
?>

 

こちらの実行結果は0となります。配列の0番目にヒットする値があったため、そのキーである0が表示されました。

同じ条件で、in_arrayの実行結果をみていきましょう。

<?php
  $array = [ "one", "two", "three", "four"];
  $result = in_array("one", $array);
  var_dump($result);
?>

こちら実行結果はbool(true)になります。

このように、2つの関数の使い方は同じですが、配列のどこにその値があるのかまで必要か、配列の中に探す値があるかどうかのみを知りたい場合で、2つの関数の使い分けができるとよいですね。

2つの関数の違いをしっかり理解して、使い分けられるようにしましょう。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。