PHPで本日の日付(現在日時)を取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで本日の日付(現在日時)を取得する方法について解説しています。PHPではdate関数を使います。指定された引数にフォーマット文字列やタイムスタンプを設定すると日付文字列を返してくれる関数です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPで本日の日付(現在日時)を取得する方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで本日の日付(現在日時)を取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

date関数とは

今日の日付や1年前の日付など、日付に関する情報を取得したいときに使う関数です。

date ( string $format [, int $timestamp = time() ] )

指定された引数 を、与えられた フォーマット文字列によりフォーマットし、日付文字列を返してくれる関数です。フォーマットの指定の方法は様々です。細かく指定することができるので、この記事の中でも紹介していきます。

では、実際に使ってみましょう。

現在日時を取得してみる

ではdata関数を使って現在日時を取得していきます。現在日時を取得するためには以下のように記載します。

<?php
$today = date("Y-m-d H:i:s");

print_r($today);

?>

こちらの実行結果は以下のようになります

2019-09-23 09:57:52

data関数の中に記載している ‘Y-m-d H:i:s’ というのがフォーマットで、日付をどのように表示するかの指定をしています。

‘Y年m月n日 H時i分s秒’ と記載すると、2019年9月23日 09時57分52秒という表示になります。また、月を09月でなく9月と表示したい、など、他にも色々な指定が可能です。

詳しくはPHPの公式マニュアルを確認してみてください。

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

日付だけ取得してみる

先程のdate関数のフォーマットに指定したのは “Y-m-d H:i:s”という指定で、年月日時分秒を取得する方法でした。次は年は取得せず、日付だけ取得してみましょう。

日付のみを取得するには以下のように記述します。

<?php

$data = date(‘m/d’);
print_r($data);

?>

 

こちらの実行結果は以下になります。

09/23

 

これで日付のみ取得することができます。月が1桁のときに0でうめないようにしたい!という場合は、以下のように記載します。

<?php

$data = date(‘n/j’);
print_r($data);

?>

 

こちらの実行結果は以下になります。

9/23

 

このように、フォーマットを自分で指定することによって、日付を使いたい形で取得することができます。
今回は現在時刻を用いて説明しましたが、date関数を用いれば3日前の日付や1年後の日付を取得することも可能です。

どのように表示したいか・取得したいかによってフォーマットを変えて日付を取得していきましょう。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。