PHPで少数点以下を切り捨てる方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで少数点以下を切り捨てる方法について解説しています。小数点以下を切り捨てるには、round・ceil・floor関数があります。ceil関数は切り上げでfloor関数は切り捨てになります。round関数は引数に丸める桁数を指定することが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPで少数点以下を切り捨てる方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで少数点以下を切り捨てる方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

round()(四捨五入)の基本

PHPで小数点以下を切り捨てる方法1つめにround関数を説明いたします。

round ( float $val [, int $precision = 0 [, int $mode = PHP_ROUND_HALF_UP ]] )

こちらの関数は、第一引数に値、第二引数に、丸める桁数(小数点題n位)を指定します。第2引数に2を入れると、小数点第3位で四捨五入が行われ、小数点第2位まで表示されます。

ceil()(切り上げ)の基本

次に、ceil関数を説明いたします。

ceil ( float $value )

ceilの第一引数に値をわたすことで、端数を切り上げ、渡された値の次に大きな整数を得ることができる関数です。小数点以下はすべてなくなり、整数が返ってきます。

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

floor()(切り捨て)の基本

最後にfloor関数を説明いたします。

floor ( float $value )

floor関数はround関数とceil関数とも違って、小数点以下をすべて切り捨て、渡された値を超えない最大の整数を得ることができます。こちらもceil関数と同じで、小数点以下はすべてなくなり、整数が返ってきます。

実際に書いてみよう

それでは、実際に3つの関数を比べてみましょう。(結果が見やすくなるように PHP_EOLで改行をいれています)

<?php
 $num = 3.1415;
 $round = round($num, 2);
 $ceil = ceil($num);
 $floor = floor($num);
 
 print_r($num. PHP_EOL);
 print_r($round. PHP_EOL);
 print_r($ceil. PHP_EOL);
 print_r($floor. PHP_EOL);
?>

こちらの実行結果は以下のようになります。

3.1415  //処理前の最初の値
3.14    //round関数によって第2引数までに丸めた
4       //ceil関数によって切り上げた
3       //floor関数によって切り捨てた

 

このように、3つの関数はすべて少数を操作する関数ではありますが、すべて得られる結果が変わります。

どのように小数点以下を扱いたいかによって3つの関数を使い分ける必要がありますので、それぞれの違いをしっかり理解して、適切な関数を使えるようにしましょう!

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。