PHPで配列の先頭の値を削除する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで配列の先頭の値を削除する方法について解説しています。配列の要素を削除する関数にはarray_shift関数やarray_unshift関数があります。array_shiftは先頭の要素を削除し、array_unshiftは最後の要素を削除します。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

今回は、PHPで配列の先頭の値を削除する方法について解説します。

 

そもそもPHPについてよく分からないという方は、PHPとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで配列の先頭の値を削除する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

array_shift関数とは

array_shiftとは配列の先頭から要素をひとつ取り出す関数です。以下のように使用します。

array_shift ( array &$array )

array_shiftをされた配列は、要素一つ文だけ短くなり、要素は全て前にずれます。

添字配列の場合、キーはゼロから新たに振り直されるため、もとのキーより1ずつ小さくなりますが、連想配列の場合は影響を受けません。

array_unshift関数とは

array_shiftが先頭の要素を取り出すのに対し、array_unshiftとは、配列の先頭に要素を加える関数です。以下のように使用します。

array_unshift ( array &$array [, mixed $... ] )

array_unshiftを使うと、1つ以上の要素を配列の先頭に加えることができます。先程のarray_shift関数と同じで、キーはゼロから新たに振り直されます。連想配列の場合は影響を受けません。

[PR] PHPプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それではこの2つの関数を実際に使ってみます。まずはarray_shiftを用いて配列の先頭の要素を取得してみます。

<?php

$stack =["one", "two", "theree", "four"];
$shift = array_shift($stack);
print_r($shift);
print_r(PHP_EOL);   //結果が見やすいように改行を入れました
print_r($stack);

?>

 

こちらの実行結果は以下のようになります。

one
Array
(
  [0] => two
  [1] => theree
  [2] => four
)

まずは先頭の要素を取得し、その後残った要素の配列を表示をするプログラムを記載しました。すると、記載したとおり、先頭にあったoneという要素が取得できていて、そのoneがなくなった配列ができあがりました。

それでは次に、array_unshift関数をためしていきます。

<?php
 $stack =["two", "theree", "four"]; 
 array_unshift($stack, "one"); 
 print_r($stack);
?>

こちら実行結果は以下のようになります。

Array
(
 [0] => one
 [1] => two
 [2] => theree
 [3] => four
)

もともとあった配列に”one”という文字列を先頭に加えることができました。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプPHP/Laravel講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。