PHPで重複した配列要素を削除する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPHPで重複した配列要素を削除する方法について解説しています。重複した配列要素を削除するにはarray_unique関数を使用します。重複している値を取り除き、値に重複のない新規配列を作成してくれます。文字列と数値について実際に書いてみます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、PHPで重複した配列要素を削除する方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPで重複した配列要素を削除する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

array_uniqueとは

array_uniqueとは、PHPの関数のひとつで、

配列をarray_unique関数の第一引数にわたすと、重複している値をとりのぞき、値に重複のない新規配列を作成するものである。

array_uniqueの使い方

array_unique ( array $array [, int $sort_flags = SORT_STRING ] )
array_unique関数の使い方は上記のとおりで、第一引数に配列をわたすのみである。

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際にarray_uniqueの挙動を確認してみましょう。

<?php
 $array = ["one", "two", "three","two"];
 $unique = array_unique($array);
 
 print_r($unique);
?>

こちらの実行結果は以下のようになります。

Array
(
 [0] => one
 [1] => two
 [2] => three
)

“two”という値が重複していましたが、array_unique関数を使うことで重複のない新たしい関数が作成されました。

連想配列でも同じように使えます。

<?php
 $array = ["one" => 1, "two" => 2, "three" => 3, "two" => 2];
 $unique = array_unique($array);
 
 print_r($unique);
?>

こちらの実行結果は以下です。

Array
(
 [one] => 1
 [two] => 2
 [three] => 3
)

添字配列のときと同じように重複している値がなくなっています。それでは、こちらの場合はどうなるでしょうか。

<?php
 $array = [1, "1", 2, "2"];  
 $unique = array_unique($array);
 
 print_r($unique);
?>

こちらの実行結果は以下のようになります。

Array
(
 [0] => 1
 [2] => 2
)

文字列としての1も、数字としての1も、同じものとみなされ重複が排除されていることに注目してください。このように重複を削除するために使うのが、こちらのarray_unique関数です。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。