Javaの環境変数の設定について現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaの環境変数の設定について解説しています。ここでは環境変数とは何か、その確認と設定方法について勉強します。また「’java’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」というエラーが出た際の原因と対処方法についても覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Javaの環境変数の設定について解説します。

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

thisの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

環境変数の設定とは

環境変数は、Windows、Mac、Linuxといったオペレーティングシステムが動作しているときに、使用する変数です。現在使用中のオペレーティングシステムで設定されている環境変数を確認する方法は、Windowsの場合、コマンドプロンプトでsetコマンドを実行します。Macの場合、ターミナルでprintenvコマンドを実行します。

実行すると、例えば以下のような行の一覧が出力されます。

LANG=ja_JP.UTF-8

イコールの左辺にあるのが環境変数の変数名、右辺にあるのが設定されている内容です。環境変数は、そのオペレーティングシステム上で動作する全てのプログラムで共通して使うことができます。

 

Javaの環境変数

Javaのプログラムを実行する際は、Javaを実行する為のプログラムファイルを起動する必要があります。

例えばWindowsにJavaをインストールした場合、

C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_221\bin

といようなディレクトリ(ディレクトリはインストール時の設定によって異なります。また、バージョン部分もインストールした製品により異なります。)にjava.exeというファイルがあると思います。これがJavaを実行する為のプログラムファイルです。

以下のコマンドでこのプログラムファイルを動作し、インストールしているjavaのバージョンを確認してみましょう。

(java.exeがあるディレクトリ)\java -version

C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_221\binにjava.exeがある場合は

“C:\Program Files\Java\jre1.8.0_221\bin\java” -version

というコマンドになります。実行結果として

java version "1.8.0_221"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_221-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.221-b11, mixed mode)

といったバージョン情報が表示されたら成功です。

以上は環境変数の設定をしないでjavaを実行する方法でした。次は環境変数の設定を行って同様にJavaを実行してみましょう。ここで設定するのは

JAVA_HOME
Path

の二つの環境変数です。

  1. 「環境変数」の設定画面から「システム環境変数」の「新規」ボタンを押す
  2. 「変数名」に「JAVA_HOME」を入力、「変数値」にJDKをインストールしたフォルダを指定する
  3. 次に「Path」を選択して「編集」ボタンを押下します。「Path」はjava以外にもさまざまなプロフラムが利用する変数なので、既にいくつかの値が設定されているか確認
  4. そこに「%JAVA_HOME%\bin」を追記
  5. 以上の設定後に環境変数の設定値を確認
JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_221   ※
Path=…略…;%JAVA_HOME%\bin;…略…

 

※ディレクトリはインストール時の設定によって異なります。また、バージョン部分もインストールした製品により異なります。

となっていれば正しく設定できています。

ここまで設定した後に以下のコマンドでjavaのバージョンを確認しましょう。

java -version

実行結果として先程の用に

java version "1.8.0_221"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_221-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.221-b11, mixed mode)

といったバージョン情報が表示されたら成功です。環境変数の設定をすることで、javaの実行プログラムのフルパスを記述せず、「java」と書くだけで実行できるようになりました。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

メッセージ「’java’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」が表示される原因と解決法

もしjavaコマンドを実行した時に

「’java’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」

というメッセージが出力される場合はオペレーティングシステムがJavaを実行する為のプログラムファイルを発見できていない可能性があります。環境変数に設定されているパスが誤っている可能性が高いため、設定が正しくできているかを見直しましょう。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。