Pythonのdatetimeモジュールの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのdatetimeモジュールの使い方について現役エンジニアが解説しています。datetimeモジュールはPythonで日付や時間を扱うためのモジュールです。モジュールをインポートした後にtodayメソッドで本日の日時を取得することが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのdatetimeモジュールの使い方について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのdatetimeモジュールの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

datetimeモジュールとは

datetimeモジュールは、Pythonで日付や時間を扱うためのモジュールです。日付データの整形出力や、逆に日付文字列の解析にも便利です。

timedeltaクラスも同梱されていて、日付同士の演算(例えばある日時の1日後を求めたり、日付間の間隔を求めたりする)も行えます。

datetimeモジュールの使い方

datetimeはPythonの標準モジュールのため、追加のインストールは不要です。以下のようにモジュールをインポートします。

import datetime

Pythonインタプリタでの実行例は以下の通りです。todayメソッドで、現在の日付を取得しました。

>>> import datetime
>>> datetime.date.today()
datetime.date(2019, 9, 19)

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ソースコード

import datetime

today = datetime.date.today()
print(today.strftime('%Y-%m-%d'))

tomorrow = today + datetime.timedelta(days=1)
print(tomorrow.strftime('%Y/%m/%d'))

yesterday_str = '2019.9.18'
yesterday = datetime.datetime.strptime(yesterday_str, '%Y.%m.%d')
print(yesterday)

 

実行結果

2019-09-19
2019/09/20
2019-09-18 00:00:00

解説

1つめのブロックでは、todayメソッドを使い、今日の日付データを得ました。また、その日付を「年-月-日」のフォーマットで出力しました。

2つめのブロックでは、timedeltaを使い、明日の日付を計算しました。また、その日付を「年/月/日」のフォーマットで出力しました。

3つめのブロックでは、日付を示す文字列を解析し、日付データを得ました。

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。