Pythonのthreadingにおける終了処理を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのthreadingにおける終了処理について現役エンジニアが解説しています。threadingはPythonでスレッドによる並列処理を実現することが出来ます。スレッド間の競合を防ぐために、ロックやセマフォといった同期機構もあります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonのthreadingにおける終了処理について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのthreadingにおける終了処理について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Pythonの並列処理

並列処理とは、プログラムで複数の処理を同時に扱うことです。Pythonでは並列処理を実現するための手段が複数あります。

本記事で紹介する、threadingモジュールは、スレッドによる並列処理を実現します。multiprocessingモジュールは、プロセスによる並列処理を実現します。

concurrentモジュールは並列処理のための高水準インターフェースで、スレッドとプロセスの両方を選択できます。

threadingとは

threadingは、Pythonでスレッドによる並列処理を実現するためのモジュールです。スレッド間の競合を防ぐために、ロックやセマフォといった同期機構も提供されています。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonのthreadingにおける終了処理

Threadクラスを継承したクラスを作成し、runメソッド内でスレッド処理を実装します。そのクラスのインスタンスを作成し、startメソッドを呼び出すと、スレッドが開始します。

joinメソッドを呼び出すと、スレッドの終了を待ち合わせます。joinにはタイムアウトを指定できます。

タイムアウトを省略すると、スレッドが終了するまで、無限に待機します。

 

実際に書いてみよう

ソースコード

import random
import queue
import threading
import time

# Threadクラスを継承し、所望のスレッド処理を実装する
class MyThread(threading.Thread):

  def __init__(self, x, y, queue):
    threading.Thread.__init__(self)
    self._x = x
    self._y = y
    self._queue = queue

  def run(self):
    self._queue.put((self._x, self._y, self._x + self._y))
    time.sleep(random.randint(1, 10))

queue = queue.Queue() # 入力と計算結果を投入するためのキュー
threads = [] # 生成したスレッドオブジェクトを格納するためのリスト

# スレッドオブジェクトを生成し、スレッドを開始する
for i in range(10):
  t = MyThread(random.randint(1,10), random.randint(1,10), queue)
  t.start()
  print('Thread started ', t)
  threads.append(t)

# スレッドの終了を待ち合わせる
for t in threads:
  t.join()

# キューから計算結果を取り出し表示する
while not queue.empty():
  result = queue.get()
  print(result)

 

実行結果

Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
Thread started  
(注: この間で10秒間程度経過する)
(2, 9, 11)
(2, 8, 10)
(3, 9, 12)
(6, 10, 16)
(8, 2, 10)
(8, 3, 11)
(4, 8, 12)
(1, 9, 10)
(1, 10, 11)
(4, 4, 8)

 

解説

サンプルとして、引数にあたえた数字を足し算する機能をスレッドを用いて実装しました。入力する数字2つの他に、計算結果を保存するためのキューをコンストラクタの引数とします。

runメソッドは1秒間から10秒間、ランダムにスリープします。スレッドを10個生成し、並列に計算を行います。全てのスレッドが完了した時点で、計算結果をまとめて表示します。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。