JavaのsetAttributeメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaのsetAttributeメソッドの使い方について解説しています。これはスコープでデータを設定する際に使用されます。setAttributeとgetAttributeを使った値の格納と取得について、サンプルコードでその処理の流れを見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

JavaのsetAttributeメソッドの使い方について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

そもそもJavaについてよく分からないという方は、Javaとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。
 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

setAttributeメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

setAttributeメソッドとは

setAttributeメソッドはスコープでデータを設定する為のメソッドです。スコープには以下の3種類があります。

  • リクエストスコープ
  • セッションスコープ
  • アプリケーションスコープ

 

setAttributeメソッドの使い方

(スコープのオブジェクト).setAttribute("データ名",データ)

と記述します。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

SampleサーブレットからSample2サーブレットにフォワードを行い、その際に”greeting”という名前のデータをリクエストスコープへ格納します。

Sample2サーブレットではリクエストスコープから”greeting”という名前のデータを取り出し、ブラウザに表示します。

URLマッピングはそれぞれ/Sampleと/Sample2とします。

package Sample;

import java.io.IOException;

import javax.servlet.RequestDispatcher;
import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

/**
  * Servlet implementation class Sample
  */
@WebServlet("/Sample")
public class Sample extends HttpServlet {
  private static final long serialVersionUID = 1L;

/**
  * @see HttpServlet#HttpServlet()
  */
  public Sample() {
  super();
  }

/**
  * @see HttpServlet#doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
  */
  protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {

//スコープへ格納する情報
  String greeting = "Good Morniing";

System.out.println("HttpServletRequestに"+ greeting + "を設定");

//リクエストスコープへ格納
  request.setAttribute("greeting", greeting);

//Sample2へフォワード
  RequestDispatcher rd = request.getRequestDispatcher("/Sample2");
  rd.forward(request, response);

}

/**
  * @see HttpServlet#doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
  */
  protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {
  doGet(request, response);
  }

}

リクエストスコープへの格納の直前で、コンソールに格納情報を表示するようにしています。

package Sample;

import java.io.IOException;

import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

/**
  * Servlet implementation class Sample2
  */
@WebServlet("/Sample2")
public class Sample2 extends HttpServlet {
  private static final long serialVersionUID = 1L;

/**
  * @see HttpServlet#HttpServlet()
  */
  public Sample2() {
  super();
  }

/**
  * @see HttpServlet#doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
  */
  protected void doGet(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {

//リクエストから取得した情報を表示
  response.getWriter().append((String)request.getAttribute("greeting"));
  }

/**
  * @see HttpServlet#doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response)
  */
  protected void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws ServletException, IOException {

doGet(request, response);
  }

}

http://localhost:8080/Sample/Sample へアクセスします。

コンソールには

HttpServletRequestにGood Morniingを設定

が表示され、ブラウザには

Good Morniing

が表示されます。サーブレット間でリクエストスコープを介して”Good Morniing”というデータを連携できていることがわかります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でJavaやServletの技術を使ってWebアプリケーション開発を習得できるオンラインブートキャンプJava講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。