Javaのプログラム実行時間の計測を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaプログラム実行時間の計測について解説しています。ここではjava.util.Dateを使う方法とjava.lang.Systemクラスを使う方法の2つについて説明します。それぞれの書き方と実行結果を見てみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaプログラム実行時間の計測について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

プログラム実行時間の計測について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Javaプログラム実行時間の計測方法

プログラムの実行時間を計測する方法を2つ紹介します。

 

java.util.Dateを使う方法

java.util.DateクラスはJDK1.0から存在する古いクラスです。日時情報をインスタンスとして保持することができます。

インスタンス化を行った段階でそのタイミングの日時情報が初期値として設定される為、計測したい処理の前後でDateクラスのインスタンスを取得することで実行時間を知ることができます。

実際に書いてみよう

今回のサンプルでは実行時間を計測したい処理の部分を5秒間停止する処理を実装しています。

public static void main(String[] args) throws InterruptedException {

// Dateオブジェクトを生成し現在日時を取得
  Date date1 = new Date();

System.out.println("開始時間:" + date1);

// ここに実行時間を計測したい処理を記述
  System.out.println("…5秒間処理を停止…");
  Thread.sleep(5000);

// もう一度Dateオブジェクトを生成し現在日時を取得
  Date date2 = new Date();

System.out.println("終了時間:" + date2);

}

実行結果は

開始時間:Fri Sep 27 21:00:07 JST 2019
…5秒間処理を停止…
終了時間:Fri Sep 27 21:00:12 JST 2019

となります。※日時は実行タイミングにより異なります。尚、java.util.Dateクラスはインポートが必要になります。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

java.lang.Systemクラスを使う方法

もうひとつは、java.lang.Systemクラスを使う方法です。

java.lang.SystemクラスにはcurrentTimeMillis() というメソッドと、nanoTime()というメソッドがあります。currentTimeMillis()メソッドは現在の時間をミリ秒で返却します。nanoTime()メソッドはナノ秒の単位で返します。

実際に書いてみよう

nanoTime()メソッドを使って計測するプログラムです。

public static void main(String[] args) throws InterruptedException {

// 現在時刻を取得
  long long1 = System.nanoTime();

System.out.println("開始時間:" + long1);

// ここに実行時間を計測したい処理を記述
  System.out.println("…5秒間処理を停止…");
  Thread.sleep(5000);

// もう一度現在時刻を取得
  long long2 = System.nanoTime();

System.out.println("終了時間:" + long2);

// 差分を求める
  System.out.println("実行時間:" + (long2 - long1) + "ナノ秒");

}

java.lang.Systemクラスはインスタンス化を行うことができないクラスです。ひとつめのサンプルと同じように実行時間を計測したい処理の前後で現在時刻を取得します。

得られる値は同一の基準時間からの経過時間ですので、差分を求めることで実行時間を知ることができます。

実行結果は

開始時間:184574546049900
…5秒間処理を停止…
終了時間:184579555287200
実行時間:5009237300ナノ秒

となります。

 

監修してくれたメンター

長屋雅美

独立系SIerで7年勤務後、現在はフリーのエンジニアとして自宅をオフィスとして活動しています。
JavaやC♯、shellscriptを用いた開発を主に担当し、TechAcademyではJavaコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。