PythonでExcel操作する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでExcel操作する方法について現役エンジニアが解説しています。PythonではopenpyxlというExcelを操作できるモジュールがあります。ワークブックやシートの新規作成や読み書き、セルの編集、印刷設定などが行えます。実際に作成してワークブックを保存してみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでExcel操作する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでExcel操作する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

openpyxlとは

openpyxlはPythonでExcelファイルを読み書きするためのライブラリです。

Excelファイルから一括でデータを読み出したり、逆にPythonの処理結果を自動的にExcelファイルに反映したりするのに役立ちます。

openpyxlのできること

openpyxlは基本的なExcel操作を網羅し、以下のような操作を行えます。

  • ワークブックの新規作成、既存ワークブックの読み書き
  • シートの新規作成、既存シートの読み書き
  • セルの編集(データの読み書き、結合、書式設定など)
  • 画像の挿入
  • 印刷設定
  • ピボットテーブル

など。

詳細は公式のリファレンスを参照してください。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonのpipでopenpyxlをインストールする

以下のコマンドでインストールします。

pip install openpyxl

Pythonインタプリタで以下を入力します。エラーが発生しなければ、インストールは成功です。

import openpyxl

実際に書いてみよう

ソースコード

import openpyxl

# ワークブックを新規作成する
book = openpyxl.Workbook()

# シートを取得し名前を変更する
sheet = book.active
sheet.title = 'First sheet'

# 範囲を指定してセルを取得する
cells = sheet['A1':'B3']
i = 0
for row in cells:
    for cell in row:
        cell.value = i # セルに値を設定する
        i += 1

# ワークブックに名前をつけて保存する
book.save('demo.xlsx')

 

実行結果

以下のようなdemo.xlsxファイルが作成されました。

シートに名前が設定されていること、セルに値が入力されていることを確認できます。

PythonでExcelのシートを操作してみました。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。