PythonでExcel操作する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonでExcel操作する方法について現役エンジニアが解説しています。PythonではopenpyxlというExcelを操作できるモジュールがあります。ワークブックやシートの新規作成や読み書き、セルの編集、印刷設定などが行えます。実際に作成してワークブックを保存してみましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

PythonでExcel操作する方法について解説します。

 

目次

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PythonでExcel操作する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

openpyxlとは

openpyxlは、PythonでExcelファイルを読み書きするためのライブラリです。

Excelファイルから一括でデータを読み出したり、逆にPythonの処理結果を自動的にExcelファイルに反映したりするのに役立ちます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

openpyxlのできること

openpyxlは基本的なExcel操作を網羅し、以下のような操作を行えます。

  • ワークブックの新規作成、既存ワークブックの読み書き
  • シートの新規作成、既存シートの読み書き
  • セルの編集(データの読み書き、結合、書式設定など)
  • 画像の挿入
  • 印刷設定
  • ピボットテーブル

より詳細を知りたい場合は、公式のリファレンスを参照してください。

公式ページ:https://openpyxl.readthedocs.io

 

Pythonのpipでopenpyxlをインストールする

以下のコマンドでインストールします。

$ pip install openpyxl


Pythonインタプリタで以下を入力します。

エラーが発生しなければ、インストールは成功です。

>>> import openpyxl

 

pipとインタプリタについては、次の記事も参考にしてみてください。

Pythonのパッケージ管理システムpipの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】 | TechAcademyマガジン

Pythonのinterpreterについて現役エンジニアが解説【初心者向け】 | TechAcademyマガジン

 

実際に書いてみよう

ソースコード

# openpyxlライブラリを利用できるようにインポートします。
import openpyxl

# openpyxlライブラリのWorkbook()メソッドを利用して
# ワークブックを新規作成します。
book = openpyxl.Workbook()

# 新規作成したワークブックのうち、現在利用しているシートを、
# 変数sheetに代入します。
sheet = book.active

# 変数sheetの代入されたシートのタイトルをFirst sheetにするため、
# openpyxlライブラリのWorkbook()メソッドを利用してsheet.titleに代入します。
sheet.title = 'First sheet'

# シートのA1からB3セルの範囲を指定して取得し変数cellsに代入します。
cells = sheet['A1':'B3']

# 変数iの初期値を0にします。
i = 0

# 変数iの初期値を0にします。
# for文を利用して、変数cellsがある限り、変数rowに1個づつ代入します。
for row in cells:
    # for文を利用して、変数rowがある限り、変数cellに1個づつ代入します。
    for cell in row:
        # 変数cellの値に、変数iを代入します。
        cell.value = i
        # 変数cellの値に、変数iを代入します。
        i += 1

# ワークブックにdemo.xlsxという名前をつけて保存します。
book.save('demo.xlsx')

 

実行結果

以下のようなdemo.xlsxファイルが作成されました。

シートに名前が設定されていること、セルに値が入力されていることを確認できます。

PythonでExcelのシートを操作してみました。

 

実務でExcelを利用することは多いと思います。

Pythonを利用してExcelファイルの読み書きを行うということは、Pythonを利用してExcelで行っている処理を自動化するために必要な処理だと考えていただくと良いです。

Excelファイルの読み書きができたら、次は現在実務で利用しているExcelの処理を、Pythonを利用して自動化できるものがないか考えるきっかけにしてみてください。

次にどのようなPythonを利用したExcel操作が必要か思い浮かんだら、今回のようにPythonプログラミングの学習につなげていただけると嬉しいです。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!