Pythonの配列を文字列から数値変換する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonの配列を文字列から数値変換する方法について現役エンジニアが解説しています。配列の要素の変換操作にはmap関数を使います。map関数は指定した関数の処理を配列の各要素に適用させることが出来ます。str関数で文字列に変換出来ますので、組み合わせて使ってみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonの配列を文字列から数値変換する方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonの配列を文字列から数値変換する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

map関数について

「数値の配列を文字列の配列に変換」や「文字列の配列を数値の配列に変換」といった配列の要素の変換操作には、map関数を使います。

一度イメージが掴めると便利な関数なのです。しかし、慣れないうちは分かりづらいので順番に説明していきます。

map関数とは、「配列の要素」を「変換用の関数に入力した結果」を返すものです。

わかりやすい例でいくと、「配列の要素を2倍した結果」を返したり、「配列の要素の先頭に、特定の文字列を追加した結果」を返したりというものです。
 

# map関数で使用する関数。どのような変換操作を行うかを記述する
def double(x):
    return x * 2
scores = [1, 2, 3]
# 第一引数に変換操作のための関数(double)
# 第二引数に変換対象(scores)
scores_double = map(double, scores)
# 結果を確認
# => 2, 4, 6 が順番に表示される
for s in scores_double:
    print(s)

 
map(double, scores) の箇所で、scoresの中身 1, 2, 3を順番にdouble関数に入力されていき、その結果がscores_doubleに格納されていきます。
 

# scores_double = map(double, scores) の処理イメージ
[double(1)]
[2]
[2, double(2)]
[2, 4]
[2, 4, double(3)]
[2, 4, 6]

 
※厳密には配列(list) が返ってくるわけではないのですが、わかりやすさのためにこのように書いています。
 

数値の配列を文字列の配列に変換する

数値を文字列に変換する場合はstr(number)のようにstr関数を使います。
 

str(15)
# => '15'

 
mapとstrを組合せて使うことで、数値の配列を文字列の配列に変換できます。
 

num_list = [1, 2, 3.0]
str_list = list(map(str, num_list))
# => ['1', '2', '3.0']

 
map関数の戻り値は配列(list)ではないので、list関数で配列に変換します。
 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

文字列の配列を数値の配列に変換する

文字列を数値に変換する場合はint(string)やfloat(string)のようにint関数, float関数を使います。
 

int('15')
# => 15
float('1.5')
# => 1.5

 
mapとint,floatを組合せて使うことで、文字列の配列を数値の配列に変換できます。
 

str_list = ['1', '2', '3.0']
num_list = list(map(float, num_list))
# => [1.0, 2.0, 3.0]

 
map関数の戻り値は配列(list)ではないので、list関数で配列に変換します。
 

実際に書いてみよう

Pythonの対話モードで色々と試してみましょう。

まずは数値の配列を文字列の配列に変換してみます。数値→文字列なのでmapとstrを組み合わせて使います。
 

$ python
...
>>> num_list = [1, 2.5, 3]
>>> str_list = list(map(str, num_list))
>>> print(str_list)
['1', '2.5', '3']

 
次に文字列の配列を数値の配列に戻してみましょう。小数が含まれているので、mapとfloatを組み合わせて使います。
 

>>> num_list2 = list(map(float, str_list))
>>> print(num_list2)
[1.0, 2.5, 3.0]

 
それぞれうまく変換できていますね。

ちなみに、小数が含まれるものをintで変換しようとすると、以下のようにValueErrorが発生します。

変換対象に合わせて使う関数を意識するようにしましょう。
 

>>> list(map(int, str_list))
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
ValueError: invalid literal for int() with base 10: '2.5'

 

監修してくれたメンター

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。