Pythonのdatetimeでformat指定する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのdatetimeでformat指定する方法について現役エンジニアが解説しています。Pythonで日付・時刻を扱うには標準のモジュールであるdatetimeを使います。日付・時刻のフォーマットを指定するためにはstrftimeメソッドを使います。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事が4,000以上あります。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonのdatetimeでformat指定する方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのdatetimeでformat指定する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

datetimeとは

datetimeとは、日付や時間などを扱うことのできるPythonの標準モジュールです。

日付や時刻の取得、1時間後や1日前などの加減算、指定の日時情報から「年」「月」「日」「時」「分」「秒」などを抽出できます。
 

datetimeの基本的な使い方

datetimeモジュールをimportして使います。
 

import datetime

 
いま現在の日時情報を取得するにはdatetime.datetime.now()やdatetime.datetime.today()を使います。
 

import datetime
now = datetime.datetime.now()
print(now)
# => 2019-09-21 15:07:27.664266
today = datetime.datetime.today()
print(today)
# => 2019-09-21 15:07:54.668409

 
取得した日時情報から、「年」などの情報を抽出するにはyearなどの属性を使います。
 

import datetime
now = datetime.datetime.now()
print(now)              # 日時 => 2019-09-21 15:14:24.454771
print(now.year)         # 年 => 2019
print(now.month)        # 月 => 9
print(now.day)          # 日 => 21
print(now.hour)         # 時 => 15
print(now.minute)       # 分 => 14
print(now.second)       # 秒 => 24
print(now.microsecond)  # マイクロ秒=> 454771

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

datetimeでformat指定する方法

前の章で説明したyearなどを使えば好きな形式で表示させることもできます。しかし、strftime()を使うことでより簡単に実現できます。
 

import datetime
now = datetime.datetime.now()
print(now.strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S.%f"))
# => 2019/09/21 15:14:24.454771
print(now.strftime("今日は%Y年%m月%d日です"))
# => 今日は2019年09月21日です

 
strftime()の引数で%から始まる特殊な文字列を指定することで、「年」「月」などを表示できます。

代表的なものがこちらです。より詳しい情報は公式ドキュメントを確認してください。

  • %Y: 年(4桁)
  • %y: 年(2桁)
  • %m: 月
  • %d: 日
  • %H: 時
  • %M: 分
  • %S: 秒
  • %f: マイクロ秒
  • %A: 曜日
  • %a: 曜日(短縮形)
  • %w: 曜日(数値: 0-6, 0:日曜日, 1:月曜日, … 6:土曜日)

 

日時を時間へ変換する方法

日時から時間へ変換(日時情報から時間のみを抽出)するには、time()を使います。
 

import datetime
now = datetime.datetime.now()
print(now)         # => 2019-09-21 15:30:31.857612
print(now.time())  # => 15:30:31.857612

 

日時を日付に変換する方法

日時から日付へ変換(日時情報から日付のみを抽出)するには、date()を使います。
 

import datetime
now = datetime.datetime.now()
print(now)         # => 2019-09-21 15:32:34.112767
print(now.date())  # => 2019-09-21

 

日時を曜日に変換する方法

日時から曜日へ変換(日時情報から曜日のみを抽出)するには、weekday()を使います。

weekday()では、月曜日が0、日曜日が6のように曜日を整数で取得できます。strftime()の%wとは値が異なるので注意しましょう。
 

import datetime
now = datetime.datetime.now()
print(now)            # => 2019-09-21 15:34:03.957674
print(now.weekday())  # => 5
weekdays = ["月", "火", "水", "木", "金", "土", "日"]
print(weekdays[now.weekday()])
# => 土

 

監修してくれたメンター

メンター稲員さん

フリーランスエンジニア。
大手SEからフリーランスのWeb系エンジニアにジョブチェンジ。

経験言語:Ruby、Rails、Python、C/C++、Java、Perl、HTML/CSS3、JavaScript、CoffeeScript,Node.js。
おうち大好きマンです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。