HTMLのtd要素、th要素とrowspan属性の使い方を現役デザイナーが解説【初心者向け】

初心者向けにHTMLのtd要素、th要素とrowspan属性の使い方について解説しています。これは表の中のセルを結合するときに使用されます。同じくセルを結合するcolspanとの違い、書き方と結合するセルの数の設定方法について勉強しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

HTMLのtd要素、th要素とrowspan属性の使い方について解説します。

そもそも、HTMLの記述方法がわからない場合は、 HTMLの書き方 の記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプWebデザイン講座のHTMLカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、HTMLに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

td要素、th要素とrowspan属性の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

td要素、th要素のrowspan/colspan属性とは

htmlでtableタグを使用して表を作成する場合、tdやth、trを使用して表を作成します。

  • th要素は太字で中央揃えになるため、見出しとなる要素に使用します
  • td要素は、左揃えで通常の文になるため、表の1つ1つの要素に使います
  • trは列を作ります。thやtdを囲んで1つの列にします

th、td要素はrowspanやcolspan属性を持っています。これは、テーブルを結合するのに使用します。エクセルで結合するのと同じ感じです。縦に結合する時にはrowspanを、横に結合する場合はcolspanを使用します。

 

rowspan/colspan属性の書き方

縦に結合する場合は、結合を始める一番上のth/td要素のrowspan属性に結合する数を指定します。横に結合する場合は、結合する一番左のth/th要素のcolspan属性に結合する数を指定します。

書き方は以下の通りです。

<th rowspan=”2″>...</th>
  <th colspan="3">...</th>

 

[PR] HTML/CSSで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に表を書いてみましょう。以下のコードを書きます。

<table>
  <tr>
    <th>種類</th>
    <th>商品名</th>
    <th>価格</th>
  </tr>
  <tr>
    <td rowspan="2">飲み物</td>
    <td>お茶</td>
    <td>150円</td>
  </tr>
    <tr>
    <td>コーラ</td>
    <td>150円</td>
  </tr>
  <tr>
    <td>食べもの</td>
    <td colspan="2">おにぎり</td>
  </tr>
</table>

結果は以下のようになります。飲み物が縦に結合され、おにぎりが横に結合されていると思います。
結合された場合、列のタグの数が変わるので注意しましょう。

種類 商品名 価格
飲み物 お茶 150円
コーラ 150円
食べもの おにぎり

以上で解説を終わります。

 

監修してくれたメンター

メンター金成さん

2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社。

未経験ながら、社内システム保守~新規受注システム開発まで携わり、JavaScript Ruby on Rails PostgreSQLなどの経験を積む。現在も、開発案件に携わりながら、日々勉強中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。