「Python list index out of range」エラーが出た時の対処法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けに「Python list index out of range」エラーが出た時の対処法について現役エンジニアが解説しています。このエラーはシーケンス(配列)に対して、範囲外のインデックスを指定してしまうことにより発生します。rangeメソッドを使うとエラーを防ぐことが出来ます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで「Python list index out of range」エラーが出た時の対処法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

目次

なお本記事は、テックアカデミーのPythonコースの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで「Python list index out of range」エラーが出た時の対処法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

「Python list index out of range」エラーの原因

Pythonで複数の要素をまとめて管理する型をシーケンスと呼びます。

シーケンスにはリストやタプル、文字列などがあります。

Pythonのリスト、タプル、文字列について詳しく知りたい人は、次の記事も参考にしてみてください。

 

次のコードでは、配列mlistに’aa’, ‘bb’, ‘cc’, ‘dd’という文字列の配列データを代入しています。

mylist = ['aa', 'bb', 'cc', 'dd']

 

シーケンスに含まれる要素には、先頭から順番にインデックスが振られています。

インデックスは0から始まります。

例えば、mylist の場合、要素「’aa’」に対応するインデックスは「0」、要素「’cc’」に対応するインデックスは「2」です。

シーケンスに対してインデックスを指定することで、要素を取り出すことができます。

 

以下の例では、配列mylistの0番目の位置にある「’aa’」という値を、変数itemに代入しています。

item = mylist[0]

 

この時、範囲外のインデックスを指定してしまうと、エラー「list index out of range」が発生します。

具体例を確認しましょう。

 

エラーが発生する場合1

mylist = ['aa', 'bb', 'cc', 'dd']
item = mylist[10]

 

実行結果は以下のようになります。

配列mylistのインデックスは、0から3までです。

つまり、最大でもmylist[3]になります。

エラー表示例

IndexError      Traceback (most recent call last)
<ipython-input-34-2972c6cb2098> in <module>
      1 mylist = ['aa', 'bb', 'cc', 'dd']
      2 
----> 3 item = mylist[10]

IndexError: list index out of range

今回、範囲外のインデックス「10」を指定したことで、エラー「list index out of range」が発生していることが確認できます。

 

エラーが発生する場合2

次の例の2行目では、配列mylistの長さをlenメソッドで調べています。

配列mylistには、 [‘aa’, ‘bb’, ‘cc’, ‘dd’]の4つの値が入っているため、len(mylist)の結果は4です。

しかし、mylistのインデックスは0から3です。

結果的に、mylist[idx]で指定した内容は、mylist[4]になります。

そのため、インデックス数より多い指定になり、エラー「list index out of range」が発生します。

mylist = ['aa', 'bb', 'cc', 'dd']
idx = len(mylist)
item = mylist[idx]

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

対処法

エラー「list index out of range」を発生させないようにするには、範囲外のインデックスを指定しないことです。

対処法1

最も発生しやすいのが、末尾を要素数で指定してしまうことです。

例を挙げましょう。

この場合、len関数で取得した要素数でインデックスを指定してしまっています。

インデックスは0から開始するため、末尾のインデックスは「要素数-1」となります。

mylist = ['aa', 'bb', 'cc', 'dd']
idx = len(mylist)
item = mylist[idx - 1]

 

または、「-1」を指定することで末尾の要素を取得できます。

item = mylist[-1]

 

対処法2

上記の問題はrangeを使うことでも解決できます。

range(開始, 終了, 増分)

 

rangeには終了の値を含まないという決まりがあります。

そのため、終了の値に要素数を指定することで、末尾の要素を取得できます。

mylist = ['aa', 'bb', 'cc', 'dd']

for idx in range(0, len(mylist)):
  print(mylist[idx])

 

実行結果は以下のようになります。


 

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークによるフランチャイズ企業向け会員制SNS。Shopifyによる海外進出用大規模ネットショップ構築。Vue.jsによる金融機関向け内部アプリ。AWSやLinuxハウジングサーバーでの環境構築。人工知能を利用した画像判別システム。小売チェーン店舗用スマホアプリ。Wordpressによる不動産チェーン店向け賃貸・売買仲介システム。基幹システム移管用データコンバートシステム。

ボランティア活動:小学生がオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞、中学生がSNS型PWAアプリリリースする市クラブ講座活動を行っている。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

Pythonを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのPythonコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、人工知能(AI)や機械学習の基礎を完全オンラインでしっかり習得できます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!