Pythonのremove関数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのremove関数の使い方について現役エンジニアが解説しています。remove関数はリストから要素を削除することが出来ます。元のリストを変更してしまう点に注意しましょう。copyメソッドでリストを複製してから削除する方法も解説しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonのremove関数の使い方について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのremove関数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事では、Pythonのリスト型変数で活躍するremove()メソッドについて解説します。

removeとは?

remove()はPythonのリスト型変数のメソッドです。メソッドという言葉がよくわからない方は、変数についての少し特別な操作方法だと思ってもらって大丈夫です。使い方を理解してからもう一度メソッドについて調べてみると良いと思います。

remove()メソッドはリストから要素を削除したいときに使います。

removeの使い方

remove()の詳しい使い方は公式ドキュメントに詳しく説明されています。

例えば、

list1 = [x, y, z]
list1.remove(x)

とすると、list1中でxと等しい値を持つ最初の要素を削除します。この場合、list1は1つ目の要素が削除されて、yとzだけが残った[y, z]という新しいリストに生まれ変わります。また、該当する要素がなければ ValueError が表示されます。

このメソッドを実行すると、もとのリストも変更されることに注意してください。もとのリストも保存しておきたい場合には、リスト自体をコピーしてから行なうか、異なる方法で要素を削除する必要があります。

リスト自体をコピーする場合は

list2 = list1.copy() #copy()メソッドを使うことに注意!!
list1.remove(x)

としてください。

copy()メソッドを使わないと、list2もlist1と同様に変更を受けてしまうので注意しましょう。

remove()メソッドなどのように、もとのリストも変更を受けるようなメソッドは、プログラミング言語で「破壊的メソッド」と呼ばれます。行なう処理が破壊的であるか、そうでないかはコードを書く上で大事なことなので、気をつけておくと良いでしょう。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

removeを利用してリストから要素を削除してみよう

それでは実際にremove()メソッドを使ってリストから要素を削除してみます。

今回行う処理はかんたんなものなので、Pythonのシェルスクリプトで実行すると良いでしょう。まずは、もととなるリストを1つ用意しましょう。

list1 = ['Taro', 'Ziro', 'Saburo']

一度実行して確認します。

print(list1)

次のように表示されると思います。

['Taro', 'Ziro', 'Saburo']

では、’Ziro’を削除してみます。

list1.remove('Ziro')
print(list1)

次のように表示されます。

['Taro', 'Saburo']

ちゃんと削除したい要素が削除されていることが確認できると思います。もう一度 list1.remove(‘Ziro’)を実行すると、list1の中にはもう’Ziro’がないので、

Traceback (most recent call last):
 File "", line 1, in 
ValueError: list.remove(x): x not in list

と表示されます。

次に、該当する要素が複数ある場合について要素の削除を行います。

list1 = ['Taro', 'Ziro', 'Saburo' ,'Ziro']
list1.remove('Ziro')
print(list1)

これを実行すると、

['Taro',  'Saburo' ,'Ziro']

と表示されて、先にくる’Ziro’が削除されることがわかります。

最後に、もとのリストをそのまま残しておきたい場合の要素の削除を行います。list1をそのまま代入したlist2と、copy()メソッドを使って複製したlist3を用意します。

list1 = ['Taro', 'Ziro', 'Saburo']
list2 = list1
list3 = list1.copy()

そして、list1の要素を削除して、それぞれのリストの変化を見てみます。

list1.remove('Ziro')
print(list1, list2, list3)
list1 = ['Taro', 'Ziro', 'Saburo']

実行すると、

['Taro', 'Saburo'] ['Taro', 'Saburo'] ['Taro', 'Ziro', 'Saburo']

と表示されて、list1をそのまま代入したlist2でも要素が削除されていて、copy()メソッドを使って複製したlist3はそのままであることが確認できました。

以上、リスト型変数におけるremove()メソッドについて解説しました。Pythonではリストの操作が頻繁に使われるので何度か繰り返して覚えておくと良いでしょう。

監修してくれたメンター

小倉翔悟(おぐらしょうご)

AIプログラミングを使って開発を行う大学3年生。

プログラミング歴は約3年でPythonは割と得意。好きな物理理論は一般相対性理論で動物も好き。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。